かわいいが正義

いつまで経っても思春期

もしも八木沙季ちゃんと相合傘ができたら

まずは何も言わずにこれを見てほしい。

 

 


\相合傘、するーーーーー!!!!!/

 
とにかくお顔が可愛い八木沙季ちゃん。もうこれは梨緒ちゃんに足を向けて眠れませんね。

神様仏様梨緒様梨緒様オシオキキボンヌ!宮崎梨緒ちゃんが歌うロマンティック浮かれモードが聴ける(であろう)バースデーライブは8月27日(火)19:30からOSAKA RUIDOで開催されます、よろしくどうぞ。

 


本題に戻ります。そろそろ覚えてもらっていると思いますが沙季ちゃんは私が世界でいちばん好きな女の子なので、そりゃあもちろん相合傘をしたいわけですよ。

 

 

 

とは言いつつ。やっぱり妄想の中でも相合傘ができなさそうなオタク、ブログという場を使って八木沙季ちゃんと相合傘ができるようにチャレンジしてみたいと思います!そうです、恒例の気持ち悪い妄想を披露するコーナーです。戻るなら今ですよ!

 


いつものように、同じクラスの八木さんに片思いしている「僕」が主人公。放課後に傘を忘れて困っている八木さんを偶然見つけた、というシチュエーションです。それではどうぞ。 


 

天気予報の降水確率は10パーセント。傘なんて絶対にいらないと言ったのに半ばむりやりビニール傘を押しつけてきた心配性の母親に、今日ほど感謝したことはない。「八木さん」昇降口からなかなか出ていかない後ろ姿に勇気を出して声をかける。さらりと艶のある黒い髪が揺れた。「あれ。どうしたん?」「傘忘れたの?」「ばれたかー。走って帰ろうと思ってるんやけど」照れたみたいに笑う顔がかわいい。「それなら」これ、使ってください。さっき心の中で何回も練習した台詞は早口になってしまったけど、差し出したビニール傘は少しの間のあとに受け取ってもらえた。「いいの?!」「うん」「ありがとう!あ、相合傘する?」おどけた表情で首を傾げられて息が止まった。……いや、無理だ。無理だろ絶対。こんなにかわいい女の子の隣に僕なんかが並んでいいはずがない。「折り畳み傘持ってるから大丈夫」だから、これは嘘。でも八木さんが雨に濡れることに比べれば傘なしで家に帰ることはまったく苦じゃない。「そっか。じゃあ、また明日。ちゃんと返すな!」いつも通りの完璧な笑顔でひらひら手を振ると、八木さんが背を向ける。また明日。上ずった声は雨音にかき消されてしまった。

 

 

終わり。ここまで読んでくださった物好きのみなさんありがとうございました。

いや結局相合傘できへんのかい!!!!!!!!!

 

愛・愛・傘

愛・愛・傘

  • Juice=Juice
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ラブリーズ燃えてます。

Lovelysちゃん、11月のUMEDA CLUB QUATROワンマンライブ決定おめでとうございます!!!!!!これからバンバン宣伝していきますのでよろしくお願いします!!

 

f:id:ichigodamasii:20190705191057j:image


定期ライブ4回連続150人以上動員をついに達成したLFPの感想文。えっちょっと遅くない?と思ったそこのアナタ、その通りです。とってもえらい沙季ちゃんがYouTubeにダイジェストを上げてくれたので今更感がありますが書きたいので書きます。いつも以上に暑苦しいかもしれない。

 

 

戦う大人

今回のLFPの目玉のひとつ、新曲初披露。2年前の「ロンリネスロード」以来の新曲だったのでまさにみんなが待ち望んでいたわけですよ。赤いキラキラの新衣装を身に纏って登場したLovelys。これがまーーーーーーーーーすっごくかわいい。100万いいねって感じ。

満員電車に揺られて鬼ヶ島のような職場に向かい、スーツという名の戦闘服を着て戦う(働く)社会人の歌。曲調も振り付けもポップでかわいいけど歌詞にちょっと毒があるのがたまらない、絶対オタクが好きなやつです。これからいろんなところで聴けるのが楽しみだ〜!


プラチナ

LFPのチラシに書かれていた「ラブリーズ燃えてます。」の言葉を表しているような闘志むき出しのプラチナ、かっこよかったですね。企画を発表してから、歌うたびにどんどん重みとか迫力がましていっているような気がします。この曲はLovelysの「覚悟」なんだよなぁ……。


おねがいラブリーズ

大好きすぎてイントロで飽きもせずに黄色い声を上げてしまう。今回もリオサキちゃんの熱愛がかわいらしかったですね!知ってる知ってる、梨緒ちゃんと沙季ちゃんが相思相愛なことはオタクがいちばん知ってるよ!


ドレドレ

最初のクリック音が消されていたけど沙季ちゃんがちゃんと歌い出し入れていて安心した……もう心の準備なくても大丈夫だよ!!LFPに来るお客さんが毎回目に見えて増えていて、ドレドレきっかけで好きになってくれて人も多いんだろうな〜と思うとなんかちょっとエモい気持ちになりました。

 
好きやねん、好きなんよ。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜宮崎梨緒さ〜〜〜〜〜〜ん!!!!!(語彙)久しぶりの好き好き。梨緒ちゃんの落ちサビがもう最高という言葉だけじゃ表せないぐらい良い。ルイードにいるヲタク全員を虜にしてしまう歌声。あと歌が上手なだけじゃなくて切実な感情まで乗せられていて胸がギュッとなるんだよなぁ……。


ロンリネスロード

2番(と言っていいか分からないけど)の「どうして朝より過ぎるのが早いの」の沙季ちゃんの歌声がかわいくて切なくて好き。でもふと思ったんですけど、偶然を装って会えない帰り道でさえも同じ電車に乗って帰る2人、もう交際間近じゃない?と曲知っている人しか分からない感想を書いてしまったのでそろそろフルバージョンの動画解禁してほしい。拡散する準備はできています。

 


ここからはリクエストに基づいたハロプロトリビュートコーナー。新衣装のジャケットを抜いだら沙季ちゃんの左肩の布がなくてドキドキしたのはここだけの話だぞ!5位は「カクゴして!」最後の決めパートの沙季ちゃんにハートを射抜かれました。恋しちゃってんだよな、ずっと。4位「Fantasyが始まる」女限から上がる悲鳴。歌い出しのしゃきちゃんの声が加工した音に合っていてすごく良い。3位「抱いてよ!PREASE GO ON!」落ちサビの梨緒ちゃんがイケ散らかしていて女ヲタどころかルイードにいた全員抱かれた。2位This is 運命途中の沙季ちゃんの台詞が良いんだ……私はつきまとわれたいです。っていうの、前回この曲を歌ったときにも書いていてヲタクは成長しないな、と思いました。愛されたいなんておこがましいこと口が裂けても言えないからね、まあ。(何の話)1位ロボキッス2人組といえばみんな大好きなこの曲。アイコンタクトしながら笑う2人がもうずっとかわいかった。今更ですけどLovelysちゃんってめちゃくちゃ仲良しでかわいいですよね。最後の肩に頭乗せ合うところで身長差を感じてときめきました。

 


そしてついに動員数の発表。結果は176人。悲鳴をあげる2人、ワアッと上がる歓声、沙季ちゃんがゆっくり梨緒ちゃんを抱きしめたシーンはLovelysの歴史において永遠に語り継がなければならない美しさでしたね。

 


いちばん大事なこと

「届け夢のステージ」。今まで企画で一位になってTIFの出演を決めたというのはあったけど、こういう風に2人の夢が叶うところを目の前で見るのは初めてでした。最後のサビ前に背中を合わせて歌うリオサキが、2人になって最初のひらパーのステージに立って一大事を歌っていたときと重なって見えて、そこからいろいろなことがあったけど今こうして報われたんだなぁと思ったらもう耐えきれませんでした。泣いた。


渚のヤケド

ついに夏がはじまったぞ!!!久しぶりの夏衣装がとっても可愛かったですね。途中2人が向かい合って歌うところ、4人時代にあった「I need you」の声が聴こえてきてあまりに好きすぎてついに幻聴きいちゃったかな…?と思ったけど新録だったみたいです。照

 
僕らの輝き

歌い出しの梨緒ちゃんがいつも以上に気合が入っていてコールにも気合いが入りましたね。なんでもエモくなっちゃったオタクは「いつでも好きでとにかく好きで」いてよかったなぁとまた泣きました。リオサキちゃんは私の人生のヒロインなので。はい。

 
YOUR SONG

「みんなの笑顔に会いたいからいつでもここで歌ってるよ」ってすごい良い歌詞じゃない?いつもどんな時でもLovelysの2人がステージに立って笑顔で歌っていてくれることに日本各地の神様に感謝したくなってしまう。あとこの曲を歌っているときの梨緒ちゃんと沙季ちゃんの表情、めちゃくちゃ優しい。


お願い魅惑のターゲット

梨緒ちゃんの落ちサビを誰よりも楽しみにしている八木沙季さん(相方)、いつも嬉しそうでかわいいです。沙季ちゃんが女現の前に来たときに手を前に伸ばして、跳んでここまで届くかな?的なことをやっていて楽しそうでさ……沙季ちゃんが楽しかったら私も楽しいよ!!!!となりました。

 
戦う大人

新曲嬉しいからもう一回歌いたい、と言って歌うリオサキちゃんかわいすぎて母性芽生えた。(何)間奏で入る「残業NO、休日出勤、サービス残業ありえない」という梨緒ちゃん曰く『ふぁみりーずのパート』を延々唱えるオタクたち、切実すぎてどんどん目が虚ろになっていくのが面白すぎる。シュールな絵面。

 
Merry-Go-Round

100点満点中150点のタイミングでのメリゴですよ。もうずっと待ってた。なんやかんや言ってもやっぱりメリゴのエモさには敵わないんだよな。というのは私個人の感想なんですが。

Lovelys1周年のときに落ちサビで感極まった梨緒ちゃんが歌えなくなるほど泣いて沙季ちゃんに抱きしめられたシーンが今でも頭から離れないけど、今回はキラッキラした笑顔で梨緒ちゃんが落ちサビを歌っていてこの笑顔が好きだよ〜と思いました。いつでも好きだよ!

 

 

Goal〜明日はあっちだよ〜

アンコール明けにイントロ流れ出した途端膝から落ちそうになった。ずるいよこれは。

 

 
あまりにも切望していたのにトリビュートコーナーのランキングには20位以内にも入っていなかったからダメだったか……と落ち込んでいたところからのGoal。エモいしうれしい!たのしい!大好き!

それこそこの曲も1周年ライブのときに歌っていた曲だったので、「夢のあの扉を開けたあの日から」梨緒ちゃんと沙季ちゃんは10年、本当のゴールはまだまだ先だけどクアトロでのワンマンライブというひとつのゴールに辿り着いたんだなぁ……と泣きました。もうずっと泣いてた。


OH YEAH

泣いてオーイェーが言えなかったのは初めてだった。MCで泣いていた梨緒ちゃんと沙季ちゃんがすっごい楽しそうな笑顔で歌っていたのにも泣けた。……このオタク泣いた話しかせんな。

 


というわけで。ついにLovelysのワンマンライブが決定しました!

本当に本当に嬉しかった。今までだってずっと思っていたけど、今まででいちばんLovelysのこと好きでいて良かったと思いました。いつも梨緒ちゃんが「Lovelysが好きってみんなが胸張って言えるように頑張る」というようなことを言ってくれて、それを聞くたびに私は泣いちゃうんですけど、Lovelysを好きでいることは私の唯一自慢できることなんです。大げさだって他人に笑われても私はいつまでもそう言い続けます。

Lovelysを、沙季ちゃんと梨緒ちゃんを好きでいて良かった!これからも大好きだ!

 

youtu.be

うぱぎ乗ってますか?

2019年5月31日。毎年恒例の八木沙季ちゃんのバースデーライブの感想文。一年でいちばん好きな日、世界で2番目に幸せだったお話。

f:id:ichigodamasii:20190602191723j:image


さきちゃんとぼく。

直前にオタクと一曲目なにがいい?みたいな話をしていて、やっぱりさきちゃんとぼく。でしょ!と答えていたので期待通りの選曲に最初からニヤニヤ。その前のオープニングVがとってもかわいくてそこからもうほっぺた緩みっぱなしだったけど。これはほんとうに良い曲、沙季ちゃんのやわらかくてまっすぐな歌声にいちばん合うと思う。「たいせつな なかまのこと」で梨緒ちゃんの肩を抱き寄せる沙季ちゃんというかわいすぎる素敵なシーンがあって、沙季ちゃんと梨緒ちゃんとうぱぎでLovelysだよ;;となりました。

 
おねがいラブリーズ

あああああああああ!!!!!って言いながら倒れる寸前までいきました、好きすぎて。でも最初なんの曲か理解できないぐらい久しぶりでしたね…。まずなにより歌詞が天才。ピコピコ音にわりと騙されがちだけど結構重いんですよ。「桜散り際の切なさをアイドルに求めて」をアイドルに歌わせるうまちゃんのセンス。ラブ(指ハート)。主人公の女の子はアイドルかなと思っているんですが、好きなのになんかひねくれちゃってストレートに好きだって言えないオタクに「大人だからって伝えることをめんどくさがらないで」と強気に出るところも良いんだよ~。歌詞について語り出したらキリがないのでとりあえずここまで。沙季ちゃんの落ちサビの裏声があの頃よりもずっと上手になっていて感動しました。熱愛しちゃうよのところで向かい合って手を繋いだあと並んで婚約発表みたいに左手見せたリオサキちゃん、この2人が結婚してくれたらもうそれでいい…となりました。嘘です、私だってしゃきちゃんと熱愛したい!(はい)

 

スーパーマン

3曲めにして緩む涙腺、オタクはいつだってスーパーマンが大好き。2番の「つまづいても 叱られても へこたれたりしない」で毎回ふざけるリオサキちゃんがかわいいんだけど、珍しく梨緒ちゃんが歌えなくなるぐらいまで笑ってたのがすごい良かった。愛、感じましたね。沙季ちゃんがふざけたときにこれ以上面白いことないってぐらい楽しそうに笑う梨緒ちゃんの図が好きすぎる。

 

ドレドレ

後ろを向いていた沙季ちゃんが最初のソロ歌いながら前を向いてポーズをとるところがかわいいので、LFPの女限が上手なことに感謝。間奏でバルーンアート用の風船を持ち出して犬を作ろうとして途中までは顔ぐらい作れそうな雰囲気だったけど終わる頃には棒に戻ってしまった風船を持ったままドレドレして曲終わりに女限の最前にいたオタクに風船を押しつけた沙季ちゃん、いつまでもそういういたずら好きの3歳児みたいな心を忘れずにいてね…。

 
パン屋さんのアルバイト

サビでちょっと嫌そうにしてる梨緒ちゃんをつつく沙季ちゃんと、いつもはそんなことしないのに嬉しそうな顔して沙季ちゃんのことつつく梨緒ちゃん。幸せ空間。つつかれたバースデーガールのしゃきちゃんがすごい嬉しそうにしていたのを見てデレデレしすぎて顔面溶けるんじゃないかなと思いました。オタクはいつも顔がだらしないぞ。

 
もしも…

冒頭のセリフのところで沙季ちゃんにマイク向けてぜんぶ言わせていた梨緒ちゃんがかわいすぎたんですけど~?!いつも自分からいたずらするのにたまに仕掛けられると目きょろきょろさせて焦る沙季ちゃんがカワイイ。そして、しゃきちゃんの「コンビニ寄る?」大変良かったですね…寄ろうね!!!!!!


トリビュートコーナーのフリは京女

f:id:ichigodamasii:20190602191732j:image

黙っていたら綺麗なお姉さんでおなじみの八木沙季ちゃん。でも中身は幼女(言い方)っていうギャップが素敵。京女は話の途中でものすごくタメるっていう話し方をするんですけどLovelysで好きなのは?と聞かれたときだけ食い気味に「八木沙季」って答えたの………面白すぎたな…………。

 
恋してみたくて

大好き!大好き!大好き!Yeah!!!!わかる。遠くにも行ったし、で沙季ちゃんの運転でドライブデートするリオサキちゃん。Yes!しあわせもそうだけどいっつも沙季ちゃんが運転してるのかわいいね!そうです、なんでもかわいいオタクです。サビの電車ごっこみたいな振り付け楽しそうでまたデレデレしちゃった。

 
恋泥棒

山木さんのオタクをしていた頃の血が騒いだけど、そういえばその頃に心を盗まれたんだよなぁ。まさにしゃきちゃんは恋泥棒です。あれから私のすべての基準が八木沙季ちゃんになってしまった…(重い)。この曲がLovelysに似合わないはずなかったねっていうぐらい2人の甘い声にぴったり!2番の「永久の愛をここに誓いなさい」をどっちが歌っても良いと思うのでいつかフルで聴きたい。

 

Uraha=Lover

まさかこれを歌うなんて思ってなかったからイントロでウワーッて声に出してしまった。もともと振り付けが好きなんですけどサビは指先まで綺麗だったし間奏のソロダンスの繋ぎもかっこよかったなぁ!曲が始まる前に縦に並んでいたのに沙季ちゃんが話し出して横にずれたから梨緒ちゃんが「急に現れたら恥ずかしいやん!」とつっこんだら(かわいい)沙季ちゃんが笑いながら同じ位置に戻ってもう一回同じようになにか喋りながら横にずれて「もう一回やりたかっただけやろ!」って言われてたの、ウケたことをちゃんと繰り返してやる芸人魂を感じましたね…ライブの途中で漫才しがち。

 

BABY!恋にKNOCK OUT!

梨緒ちゃんがばっちばちにイケで、うっかり恋しちゃうかと思った。自分じゃない人に飛ばされているあなたですよってはっきり分かる梨緒ちゃんのレス大好きオタクなので女限の端に向かってレスした瞬間に心の中で黄色い声を上げました。私の中のオンナが目覚めた。一応女の子なんですけどその前にオタクだからさ、ほら。

 

今夜だけ浮かれたかった

夏、始まりました。昨年の夏いちばん聴いたアイドルソングが聴けてもう最高だった。語彙を失ったけどあの夜は推しのお誕生日で浮かれていたので許してほしい。梨緒ちゃんのソロパートのときに隣で踊っている沙季ちゃんの横顔が美しすぎて、顔が好き以外の感情がところどころなくなりましたね。最後の「今夜だけは」の梨緒ちゃん、期待よりもさらに上をいく歌に心臓撃ち抜かれました。恋しちゃうよな~これはな~。

 
映像コーナー。ランプの精ならぬ急須の精・ツッコミ上手なウパギーニー。「誕生日やからって調子乗んなよ」とか言っていたけどなんやかんや被り物してうぱぎTシャツ着てあげる梨緒ちゃん(ウパギーニーの中の人)、ねぇねすぎる。そんなだから沙季ちゃんも調子に乗っちゃうんだぞ!かわいい。3つお願いを叶えてくれるうちの最後のお願いで「髪型して!」と沙季ちゃんが言ったらウパギーニーが魔法で可愛い髪型を作ってくれたんですが、そのあと同じ髪型で沙季ちゃんが出てきたので芸が細かい!と唸りました。

 

One・Two・Three

突然イイ女のターン。ちょびっと…のところ、大人の色気がすごかったですね。カッコよかった!さっきまでウパギーニーとかやってたのにそういうギャップがほんとうにずるい。あと2人とも常にお顔がえらい。梨緒ちゃんも沙季ちゃんも真顔が綺麗なのが好き。

 
プラチナ

この曲を歌うタイミングがいつも天才。これはLovelysの覚悟なんですよ。「ここじゃ終われない 負ける気なんてない」っていう。さやかさんが沙季ちゃんをイメージして書いたからバースデーライブでは絶対この曲を歌うんだと思うんですけど、この曲を沙季ちゃんがずっと大事にしているのがもうなんか泣ける。

 
お願い魅惑のターゲット

落ちサビを歌った沙季ちゃんに渾身のコラー!を送って、その勢いでオタクになって初めて静かになるところで「さきぴょんー!」と叫びました。ずっと恥ずかしくて言えなかったのに、しゃきちゃんへのラブが溢れちゃって…。お立ち台を降りるタイミングを間違えてちょっと恥ずかしそうにしていた沙季ちゃんが可愛かったし、そのあとちゃんと決めていたところで降りられて梨緒ちゃんに「ここ?」って確認していたのも可愛かった。ずっと可愛い。

 

全力バンザーイ!My Groly!

今のLovelysの状況と重ね合わせて泣いた。Lovelys!!!!のときもLovelysになってからも歌っているのを聴いたことがあったけど、まだまだ!まだまだ!には今まででいちばん力が入りました。やりたいことがいっぱいいっぱいある2人だから、それをどんどん叶えていってほしいなと思って。いつも書くけどLovelysの夢がオタクたちの夢だから。

 
OH YEAH

ここまでの流れほぼノンストップできてOH YEAHで締めるリオサキちゃんの体力ヤバすぎる。みんなをヒーヒーさせるために組んだ『ヒーヒーセトリ』で私らの方がヒーヒーしてるわって梨緒ちゃんが笑いながら言ってたけど、それでも全然そんなの感じさせないくらい笑顔でタオルを回していてすごかった。私は貧弱なオタクなので肩が取れそうでした。

 
Merry-Go-Round

沙季ちゃんがLovelys!!!!に入ってはじめてもらった思い出の曲、いつまでも初心を忘れないようにという選曲。もう~Lovelysちゃんってばほんとエモがりさんなんだから~!!とか言いつつまんまとエモの沼に浸かりましたね。メリゴはいつ聴いても最高。落ちサビで梨緒ちゃんが沙季ちゃんの肩を抱き寄せて歌って感極まった沙季ちゃんが梨緒ちゃんのほっぺたにキスしていた瞬間、脳のいちばん大事なところに永久保存して辛いことがあったときにそこから呼び出して何回も繰り返し見たいくらい良いシーンだった。 

 

右耳にささやいて

アンコールのお衣装可愛すぎて出てきた瞬間かわいい…って口に出した。ブログで「(衣装)かわいかった!?!?」と聞いていたのがかわいくて、朝イチ読んで沙季ちゃんが世界一可愛いよ!!!と叫びました。あ、心の中ですけど。沙季ちゃんは世界一可愛いです。大事なことなので2回書きました。右耳の落ちサビの沙季ちゃんの歌声はちょっとせつなくて帰りたくなくなるし「そばにいてねうぱぎ~」はいつでもかわいい。この文章かわいいがゲシュタルト崩壊してるわ…語彙なさすぎるよ落ち着いて。

 


スキちゃん

スキちゃんスキちゃん!さきぴょんがスキちゃん!沙季ちゃんがオーディションで歌った曲ということに気がついたとき、あまりにもエモが過ぎてイントロで倒れそうになった。うぱぎを肩に乗せていた梨緒ちゃんもかわいかったですね。こういう表現が正しいか分からないけどすごい似合ってたな。いつもうぱぎ見えないって言うけど心綺麗さランキングだと沙季ちゃんと同率一位の梨緒ちゃんなのでそりゃあ似合うよねっていう。いつも思うけどリオサキちゃんの声質はスマイレージの曲が本当にぴったりなんですよ。声が可愛いからかわいい曲の魅力がさらに増す。それから、沙季ちゃんのことが好きすぎる私は歌詞にいちいち共感してしまいましたね。もう頭の中が沙季ちゃんだらけでスキに勝てない><

 

 

今年もお話したけど、沙季はほんとにこのお仕事を辞めたいって思ったことがないんです


それが正しいとか、すごいでしょ、ってことが言いたいのではなくて、それくらい沙季は「アイドル」というお仕事が大好きなんです!


毎年の誕生日と同じように沙季ちゃんは「今年もアイドルを辞めたいと思わなかった」と言ってくれました。それは辞めたいと思わなかったというのが言いたいのではなくて、この一年間も楽しかったってことだと思うんですよね。良いことばっかりじゃないだろうし悔しいこともあるんだろうけど、沙季ちゃんはきっとアイドルでいる自分のことを愛していて誇りも持っていてそれをちゃんと口にしてくれるところが私は好きです。でもどれだけオタクが沙季ちゃんを好きって言ったって梨緒ちゃん愛には敵わないんだよなぁ。梨緒ちゃんはMCで「もし梨緒がアイドルを辞めてもさきぴょんには1人で売れてほしいと思ってるぐらいさきぴょんに売れてほしい」と言って、その上で「大きいステージに立つさきぴょんを見たいから梨緒も頑張る」って続けるんです。もう涙腺が限界だった。沙季ちゃんも沙季ちゃんで、りーたんさんのことが大好きって言ったときにその日はじめて泣いちゃってさ…リオサキちゃんはもうほんと信じられないぐらい仲が良いんですよ。お互いがお互いを最高の相方だと思っているからこそ絶対に2人で売れてほしいしLovelysで大きいステージに立ってほしい。人より多い助走の途中、飛び立つのはもうすぐだと私は信じています。これからもずっと大好きだー!

 
たくさんいるアイドルの中で沙季ちゃんを好きになれた私は幸せ者です!生まれてきてくれてありがとう。幸せな26歳になりますように!

 

ameblo.jp

すなわち、パンタ・レイ―アンジュルム『輪廻転生〜ANGERME Past, Present & Future〜』感想

f:id:ichigodamasii:20190521193505j:plain


アンジュルムのアルバム発売おめでとうございます!ありがとうございます!発売が決定したときから絶対に書くぞという気持ちでいた感想文にようやく手をつけました。


対象はDisc1全曲。100%主観のベタ褒めと勝手な考察と自己解釈ばっかりなのでそこはいちヲタクの独り言として見ていただければ。とくに推しメンをたくさん褒めます。

 

 

 

・I 無双 Strong!

 

f:id:ichigodamasii:20190521191923j:plain

まあつまりそういうことなんですけど。

アンジュルム=最強の証明がこの曲なんじゃないかなというのを前からずっと思っていたんですよねほんと…アルバム収録ありがとうございます。

1曲目にふさわしくイントロのワクワク感がすごい。近未来的な乗り物(ざっくり)の起動音みたいな音があってからのアンジュルムの厚みのあるユニゾン。強い。ストレートに自分たちに自信がありますよ!っていう歌詞もまた良いんだよな~。わかるわかる、いつだってアンジュルムが最高で最強。

落ちサビのちょっとハスキーボイスとクリスタルボイスという対照的な声と圧倒的なビジュアルで攻めるりかみこ、国宝級です。

 

 

・赤いイヤホン


ツアーで聴いたときから大好き。アンジュルムは間違いなく強イイ女

『男なんかのわがままに 女はもう縛られない』。男なんか、って言っちゃう強い女の子のはずだけどなんかまだちょっとその男に未練がありそうなので私がもし主人公の女の子と友達だったら絶対そんな男やめときな!って全力で止めますね。何の話。

バッグの底から引っ張り出したイヤホンとこんがらがった(運命の)赤い糸。歌詞の中ではイヤホンの色が何色か直接書かれていないのがオシャレ(?)。元カレが部屋に忘れていった絡まったままのコードタイプの赤いイヤホンをまだ赤い糸だと信じてカバンの底に入れているのが…待って、やっぱりめちゃくちゃ引きずってんな…。

 

youtu.be


優秀なハロステちゃんがツアー映像を上げてくれているので合わせて見てほしい。

イントロで映る伊勢鈴蘭ちゃん、君ホンマに15歳の新人か…?みたいな色っぽい表情していてやばい。推しメンこと川村文乃ちゃんの2番ソロの『女はもう縛(られない)』がかっこよくてもうかれこれ100回ぐらい見ています。ショートカットで髪染めた文乃ちゃんはめっちゃイケ女。

 

 

・タデ食う虫も Like it!


涙腺ゆるゆるマンなのでラスサビ前の「誇れ」で毎回泣きそうになる。

オタクって常にちょっと生きにくいな~っていう感情を抱えて生きているじゃないですか。「週末いっつも何してんの?」って聞かれるたびに「あ~だいたい家でダラダラしてますね」みたいなことをヘラヘラ笑いながら返しているけど、実際はアイドルの現場求めて毎週末駆け回っているとか。仲良い人には隠すのもなんだしと思って正直に「女の子のアイドルが好き」って言うと若干引いた感じで「それはどういう気持ちで好きでいんの?」みたいな質問されて困るとか。どういう気持ちとかじゃなくて!ただ可愛いから好きなんだよ!

でもそういうごちゃごちゃした生きづらさとか取っ払って、好きなものは好きでいていいんだよって好きなアイドルが肯定してくれるんですよ。泣いちゃうでしょう。

私は好きなアイドルのことが大好きなので、自信を持って好きって誇れるようなオタクでいたいです。急に小学生みたいな作文。曲の感想どこ?

 

 

・夢見た15年


あ、あ、あやかのん~~~~~~!!!!!!!!

と言いながら崩れ落ちた。和田さんと共にアンジュルムを経験した唯一の初期メンバー、福田花音ちゃんが作詞したラストシングル。エッグ時代から数えて「15年」のキャリアとメジャーデビューシングルの「夢見る15歳」をかけたタイトル。ドラマかな、と思うぐらいよくできたシナリオですよね。オタクはそういうのに弱いんだよ…。

 

だからそんな彼女の考え方や価値観も尊重しつつ大事に言葉を紡いで行きました。
難しそうに真面目そうに見えて実はとっても素直で真っ直ぐな彼女の魅力と歌声を少しでも引き出せていたら嬉しいです。

 

 情報解禁。 : 福田花音 | PRESS [プレス] : Instagram [インスタグラム] を利用したブログサービス

 
是非全文読んでほしい。花音ちゃんから和田さんへの愛とリスペクトが詰まっている。それから一番近くで見ていたメンバーだからこそ彼女の思いを理解しているんだろうなと思いました。まあ全部オタクの勝手な解釈なんですけど。あやかのんはそういう次元超えてそう。

 

 

・フラグをぶっ壊せ! 


人選がえらい。ラップもあるロック調の曲で新メンバーの殻を破るのを支えるのが竹内さん室田さんの安定した2人。この曲にとっても声が合っていてカッコいい。

そしてかわいすぎる太田伊勢コンビのはちれラップ(言いたいだけです)。

アンジュルムのようなイマドキ女子が歌う『忙しい隙間でイイネを押しあって 義理がなきゃ壊れる ショボい関係なの?』というのがこのSNS大時代を皮肉っているようで痛快。

野外の夏フェスとかで生バンドで聴きたいな。ガンガン客席煽る竹内さんと、バンドにめちゃくちゃ絡む室田さん、46億年LOVEのときみたいに両手あげてぴょんぴょん跳ねる(可愛すぎるやつ)太田さん伊勢さん、想像できる。

 

 

・恋はアッチャアッチャ


突然のインド。間違いなくアンジュルムいちのトンチキソング。でも気がついたらアーッチャアッチャアチャチャアッチャッチャと呪文のように口ずさんでしまっているから恐ろしい。

「怒りたいの」と「踊りたいの」で韻を踏む児玉雨子氏のセンスがやっぱりめちゃくちゃ好きなんですよね。しかも「地元」から突然「地球」に規模が拡大するところでハロプロイズムというかつんくイズムを感じてニヤニヤしちゃう。

落ちサビ、というか最後のサビに入る前の『ぜいたく言わない』からのソロパートの流れが変な曲なのにかっこよくてずるい。Music Videoで桃奈ちゃんの顔がなぜものすごく大きくなるのがアンジュルム七不思議のうちの1つだと思うんですけどどう?

 

 

・帰りたくないな。


やっぱりつんくさんはパパなんだよな…………。歌詞もサウンドもセンチメンタルだし、歌い出しの和田さんの声が優しくてせつなくてオタクがもう泣いちゃいそうだよってなってしまう。

 

どこに帰りたくないっていうのは示されていないけど、お仕事が終わって疲れているけど、アンジュルムのみんなといる時間が楽しいから“帰りたくないな”ってリアルに思うんですよ。

 

和田彩花は恩師の歌詞に共感。アンジュルムが最新アルバムのお気に入りの楽曲をトーク!【ハロプロ誕生20周年記念連載】 (1/4) | 芸能ニュースならザテレビジョン

 
恋愛ソングとも捉えられそうな、ストレートな卒業ソングじゃないからこそいいんだろうなと思います。でもやっぱり和田さんからアンジュルムへの気持ちが確かにそこにあって。一緒にいたいってはっきりと言葉にするんじゃなくて「帰りたくないな」と言い換えているのも余計に胸にくるものがある。本当に卒業しちゃうんだなぁ。

泣くっていうのを涙でマスカラが落ちてしまうことから「目元(め)が真っ黒になる」で表現するつんくさんはやっぱり女子より女子

 

 

・いとし いとしと Say My Heart


ソロでもユニゾンでも文乃ちゃんのかわいい歌声が大活躍!推しメン大好きオタクなのでこのアルバムの中でこの曲がいちばん好き。

歌詞はもう児玉雨子愛してる!!!最高!!!(語彙)という感じなんですけど、雨子さんの書く歌詞の何が好きって韻の踏み方とか言葉のリズム感なんですよね。そもそもの言葉選びが好きなのは大前提で。今回の私のお気に入りは『夢中 優柔不断な You』、この短いフレーズに「ゆう」を流れるように繰り出すのが美しくてときめかずにはいられない。

言葉選びで言えば『キライ キライになれない スキで隙だらけな You』が、草食系のうじうじ男子に対して私イイ女でしょいい加減連れ出しなさいよという感じで強気に出ておきながら結局彼のことめちゃくちゃ好きなんやん~かわいい~となるので好き。あとは『英語しゃべれたって 敬語うまくたって 口説けなくては意味がない』とかものすごく好きな言い回し。まあこの曲の歌詞全部好きですけどね!

とりあえず『キラキラ 街じゅう』のパートを川村文乃ちゃんにした偉い大人の口座にお礼を振り込ませてほしい。キラキラ街じゅう、歌う文乃ちゃんはキラキラしちゅう!韻を踏みました。

 

 

・もう一歩


卓偉さんが書いたからか女の子のアイドルがあんまり歌わないような泥臭い歌詞がかっこいい。イントロのふなちゃんと勝田さんのフェイクでもう120点、そして室田さんが無双。これもいつか生バンドで聴きたいな~。お風呂でこの曲聴いてると最後の『もう一歩!』の音が上がるところでいつも3倍ぐらい気合い入れた声で歌ってしまう。

和田さんというある種神様のようなリーダーと全国各地から集まった個性豊かな粒ぞろいのメンバー、アンジュルムって少年漫画みたいなところあるじゃないですか。誰よりも熱くて仲間思いの主人公が同じ夢を共有できる仲間を増やしていってライバルと戦いながら強くなっていくような王道の。そういう妄想が大好きなのでもしアンジュルムがアニメ化したら(謎の妄想)主題歌はこれがいいなっていうのを考えていました。オープニングは「I 無双 strong!」でいこう、めちゃくちゃベタだけど。

 

 

・人生、すなわちパンタ・レイ

kotobank.jp


冒頭の和田さんの台詞はどんな顔をして聞いていいのかわからない。「ヘラクレイトスの言い方、なんかかわいいですよね。無知で恥ずかしいのですが最初ヘラクレイトスを呪文とか必殺技とかそういう決め台詞だと思って和田さんがポーズ決めながら言うのかな…とか考えながら聞いていました。哲学者の名前です。

つぶあんとかこしあんとか言っているから変な曲かと思いきや普通にかっこいいし、アルバムの中でいちばん輪廻転生感がある。流転の意味を辞書で引いたら出てきた言葉は、「絶え間なく移り変わること。生死・因果が限りなく続くこと。輪廻。」でした。

『たとえ今の自分じゃなくなっても 胸を張れ恐るな「自分」だ』の自分はきっとメンバーの入れ替わりを繰り返して変わっていくアンジュルムのことで、『嘆くなかれ 変わらぬハート ココにあるでしょう? 赤く燃える心臓』の赤い心臓は和田さんの魂のことなんですよ…残されるメンバーの背中を押すような歌詞にグッとくる。

でも『ココロマイレージ』はスマイレージ、『転がって 移ろって る』と『は散っちゃって 若葉萌ゆる』は和田さんじゃん…となって結局オタクは切なくなってしまう。万物は流転する。それでも寂しいものはやっぱり寂しい。というのは仕方がないことだと思う。

 

 

・鏡の国のひねくれクイーン


全員可愛い。

ポエムから一転して知能レベルが急激に下がってしまうぐらいユニット曲の人選がほんと天才なんだよな…。声質は結構バラバラなのに歌声がみんなかわいくてこの曲にぴったり。

これは半分くらい勝手な考察なんですけど、ひねくれクイーンというのは鏡に写る自分で、アプリで盛れていない「可愛くない私」っていう見たくない真実だけを見せてくるうるさくていちばんかわいくない存在なんじゃないかなって。そういう女子ならみんな共感できる歌詞。やっぱり雨子さんなんだよなー!『軽い女なんかじゃない』からの体重計への運び方がよすぎて唸った。

オタクよりも圧倒的に鏡見て溜息をつく回数が少なそうなアイドルがこれを歌っているっていうのがまた良いんでしょうね。早くライブで歌ってほしい。一番星よりも眩しいのは文乃ちゃんだよ!!!っていうやかましい台詞はもう用意しています。

 

 

・今夜もステキに落ち着けない


とっても選び難いけど僅差で勝田さんがいちばんイイ女に選ばれました!!!!!!と言いたくなるぐらい勝田さんがめちゃくちゃよい。でもふなちゃんも佐々木さんもイイ女感がすごいので3人で夜の街の天下取れるレベル。『元カレ何人 捨てれば 捨てれば 孤独に慣れるの?』って歌詞がヘキに刺さりすぎて捨てられる彼氏になりたい以外の感情失いましたね。ずっと何言うてんねん。

最後のサビの『コメディなのくだらないよ』の佐々木さんから『ずっと胸が騒いで』のふなちゃん、そして『静かに眠れない』の勝田さんのトリプルコンボでとどめを刺されます。つまり何が言いたいかというと人選が天才。(2回目)

 

 

・夏将軍


日差しが照りつける真夏をイメージさせるキラキラ感から、最後に向かってピアノが鳴ってどこかセンチメンタルな音になっていくのがちょっと涼しくなってきた夏の終わりの夕暮れっぽくて寂しい気持ちになる。アイドルが歌う夏の曲の「明るいのになぜか泣ける曲調」がたまらなく好きなんですよ私は。

 

川村「私は『夏将軍』の歌詞も和田さんを連想するんです。いつも和田さんは私たちのことを考えてよりそってくれていたので、和田さんへのアツい思いを一緒に燃え上がらせてくれるんです。なので、すごい好きな歌詞です!」

 

和田彩花は恩師の歌詞に共感。アンジュルムが最新アルバムのお気に入りの楽曲をトーク!【ハロプロ誕生20周年記念連載】 (3/4) | 芸能ニュースならザテレビジョン

 
和田さんの卒業が発表されたあと武道館で初披露されたのがこの「夏将軍」で、だから熱さの中にもすこし切なさが隠されているんじゃないかな。

『神々しいほど偉大なあなた』『強くて 逞しくて 明るく 大きくて いつでもみんなを導くように燃えてる』とか、普通の人だったら大げさに聞こえてしまうぐらいの言葉でも和田さんにだったら似合うなと思わされるからすごい。8月生まれの夏将軍、お慕い申し上げます。

 

 

・わたしの夢見た15年


イントロが有頂天LOVEのAメロと同じ音なのが…もう…。初めて聴いたときにあーもうこれはダメな(泣く)やつだと思ってたけど、感想を書くために何回も聴いたらやっぱりダメなやつだった。日本語が変。

和田さんの声ってなんであんなに切ないんだろうなぁ。スマイレージの時からずいぶん歌い方も声が変わった気がするけどやっぱり可愛くて、心のやわらかいところに引っかかるような。それは曲だけのせいじゃないような気がする。

 

 
そしてこの「仕掛け」がもう本当にずるい。和田さんってば、ぁまのじゃくなんだから。(号泣)

オタクごときが語れることなんてそんなにないし何を書いても陳腐でおこがましいのでつい昨日上がった花音ちゃんのライナーノーツを貼っておきます。

 

pressblog.me

 

 

・46億年LOVE


ラスト!!!!!ノってこう!!!!!!結局はラブでしょ!!!!!!!!!!!


もうなんかここまで3日かけて延々とアルバムの曲を繰り返し聴いていて最後に46億年LOVE流れた瞬間のラブがすごすぎてこのような結果になりましたお許しください。

この曲ホント大好き。もう何があっても「結局はラブでしょ」を合言葉にしたら生きていけそうな気がするもんね。

Aメロは私と彼、Bメロで街に出て、サビで突然の地球。でもだから、こんなちっぽけな自分の悩みなんか地球からしたらちっぽけなもんだよな~よし!とりあえず踊るか!ってなるのかもしれない。

ちょっとしんみりしたアルバムの最後は大団円。46億年LOVEは平和の象徴。アンジュルムラブ。(最後に卍がつきそうな終わり方)

 

 

というわけで15曲。あーーーーーーーー長かった、皆さんお疲れ様でした。


とにかく名盤なのでまだ手にとっていないそこのあなたへ届け!!

 

 

平成最後のLFP

f:id:ichigodamasii:20190427213603j:image


あっというまに4月も終盤。改元目前、平成最後のLovelysの定期ライブ「Lovely Friend Party!」がとにかく楽しくてエモかったよという話。

と、これを書いている途中で沙季ちゃんが作ったダイジェストがYouTubeに上げられたのでそれを見てもらったら十分なのでとりあえずどうぞ。

 

youtu.be

 
でもオタクはオタクらしく熱くて気持ち悪い文章を書きたい残したい誰かに伝えタイ!というわけではりきってまいりましょう。

 

 

オープニングV

 「平成」が発表された映像で始まり、スーツを着た自分の名前を習字で書いて顔の右に掲げる沙季ちゃんと梨緒ちゃんとうぱぎ。芸が細かい~(好き)そのあとで平成に流行ったたまごっちとかポケベルとかタピオカとかの画像がバババーッと流れたんですけどそこに「アフロ犬」の画像があって懐かしすぎてルイードで倒れるかと思った…。まで書いたけどなんでそんなにアフロ犬に反応してしまったかは分かりません。でもなんかアフロ犬がめちゃくちゃ流行った時期、ありましたよね。これ半分くらいアフロ犬の感想やないかい。

 

It’s SHOWTIME

スーツで登場して最高!!!って思っていたらイッツのイントロが流れてさら一気にテンションが上がった。やっぱ一曲目はこれだよな!みんな大好きイッツショータイム。マジありがとう…。梨緒ちゃんの落ちサビがどアタマから優勝。


プラチナ

LFPの動員数150人以上を4公演連続で達成したらクラブクアトロでワンマンライブ、という企画が発表されてから最初にやったLFPでこの曲をやる熱さですよ。「ここじゃ終われない 負ける気なんてない」にリオサキちゃんの覚悟を感じましたね。ほんとうにかっこいい!ところでこれスーツで踊る曲じゃない。すごい。


ツヨガリオトメゴコロ

もうセトリの組み方が天才。プラチナからの繋ぎもめちゃくちゃ良かったな、梨緒ちゃんの音源編集技術の成せる技です。間奏のダンス、キレキレでかっこいいのに衣装がスーツで頭が混乱した。ダンスうまい…隠しきれない色気…お顔はあかちゃん…。みたいな。


ドレドレ

いろんなところで聴いたあとルイードで聴くとエモさが増す。だってさ~オリックス劇場とかNHK大阪ホールとかでドレドレ聴いてLovelysのこと好きになってくれた人がさ~たくさんLFPに来てくれてるわけやん~。「お馴染みの」って言いながら笑ってたけど、お馴染みになってるっていうのが嬉しいなって話! 


ロンリネスロード

毎回終わったあとに拍手が起きる大曲。沙季ちゃんがすっごいかわいいパートがあるんだけど(いつもかわいいけど)、なんせ長くて歌詞を覚えていられないんだ…たぶん「宝塚まで着いていきたい」なんだけどそこは梨緒ちゃんのパートだったような気もする。確認するために早くYouTubeに上げてほしい気持ちとレアなロンリネスロードを聴くためにLFPに来てほしい気持ちとがせめぎ合っています。


キャベツ白書

一緒に稲穂を守らせてください!って渾身のプロポーズ決めたくなるほど良かった。Lovelysのキャベツ白書のハモり、2人の声の相性もだし曲との相性も抜群ですよね。そして圧倒的に孫。生まれ変わったら梨緒ちゃんと沙季ちゃんのおばあちゃんになりたい(?)

 

「THE ラブリーズもヒッパレ」

夜もヒッパレのオマージュ映像。いやあ…ヤマンバメイク、衝撃映像でしたね…。でもだんだん顔が茶色くなってきてお互いの顔見るたびに笑うリオサキちゃん、平和の象徴だった。平和が成ると書いて平成の終わりに相応しいかわいいVTRでした。そのままスーファミストリートファイターをしていて、画面が暗くなるたびにぼんやりとヤマンバメイクの2人が浮かび上がるところお腹痛くなるほど笑った。なんにでも全力なLovelysが好きだよ!

 

 

ここから平成を振り返るハロプロトリビュートコーナー。

 

平成10年、モーニングコーヒー。白セーターに赤いチェックスカートの衣装、ヤマンバとの差がすごすぎる。そしてかわいい。ほんとこういう曲似合うよな~。沙季ちゃんと モーニングコーヒー 飲みたいなガチ恋ヲタク川柳)平成19年、都会っ子純情。会場の温度が5度くらい上がる良い選曲。「私 子供じゃない」って台詞言うしゃきちゃんどう見てもこどもすぎて頭抱えた。しゃきちゃんはばぶだよ!!の気持ちを込めてアーユーレディー!しました。何を言っているんだこのオタクは。平成21年、ぁまのじゃく。イントロで崩れ落ちた。スマイレージの曲にぴったりのしゃきちゃんの歌声、胸がきゅんとする。平成25年、私が言う前に抱きしめなきゃね。この曲はフリを身体が覚えているけど相変わらず星が描けない。最後のサビで佳林ちゃんが歌う「していいのに」を梨緒ちゃんが歌ってたのが言うまでもなく優勝でした。平成27年大器晩成。これ2人で歌うのすごくないですか?しかもあんなに激しく踊ったあとで、ですよ。あと歌詞が今のLovelysに合っていてグッときた。落ちサビ最高に気持ちよかったよ梨緒ちゃん~!

 


「平成最後にやり残したこと」 

八木沙季ちゃんがバンジージャンプに挑戦する動画。終始お顔がかわいくて、私の推しメンめちゃくちゃかわいくないですか…?となりました。自分で決めたとは言えあんなに高いところから潔く飛ぶ沙季ちゃんがほんとにかっこよかったので令和はもっと飛躍できそう!


という希望に満ち溢れたVTRからの動員数発表。珍しく2人が弱気だったので失礼ながら私も胃を痛めながら発表の時を待ったんですが、結果は157人で目標達成。思わずやったー!!!!って両手上げて大声で叫んでしまいました。でも本当に嬉しかったんだよなぁ、梨緒ちゃんと沙季ちゃんの頑張りが認められたってことが。珍しく梨緒ちゃんが泣いてしまったのにもグッとくるものがありました。絶対にクアトロでLovelysのワンマンライブが見たい。

 


有言実行

だんだんこの曲が2人のものになってきたなあという気持ちもあるんだけど、「近付いて遠くなる」んじゃなくて夢にはちゃんと近付いているって信じたいし、きっとそうだと思っています。誰に何を言われても目標や夢を口にできる梨緒ちゃんと沙季ちゃんは強くてかっこいい。


YOUR SONG

「みんなの笑顔に会いたいから いつでもここで歌ってるよ」って良い歌詞。LFPに行くとちょっと仕事でいやだな~と思うこととか納得いかないようなこととかいろいろあってもそういうの全部どうでもよくなっちゃうんですよ、だから私はLovelysの定期ライブが大好きだしたくさんの人に見てほしいなって!思うんです!


一丁目ロック

すべてうまく行け!って歌詞が今のLovelysにぴったり。それをニッコニコの笑顔で歌うリオサキちゃんがかわいくてかわいくて。2人の笑顔がふぁみりーずの宝物です。(ドヤ顔) 


お願い魅惑のターゲット

梨緒ちゃんの落ちサビのところで後ろちょろちょろするしゃきちゃんかわいかった~ヲタクみんなあの落ちサビ大好きだけどしゃきちゃんも同じくらい好きなんだろうなって…かわいいですよねぇ。ヘラヘラ。


Merry-go-round

セトリのどのタイミングで聴いても最高なメリゴ。たとえ10000回聴いたとしてもこの曲が流れるたびにイントロでガッツポーズしちゃうんだろうなってぐらい好きな曲。リオサキちゃんのど直球なかわいさと凛とした美しさと、王道の少年漫画のようなエモーショナルさが詰まっている。…と私は勝手に思っています。


僕らの輝き

アンコール一曲目。平成って胸ポケットに書いてあるしまむらの980円のTシャツを着た2人がかわいかったですね。2人組なのに体力を使う盛り上がる曲を何曲もやったあとでこれを入れるリオサキちゃんのアスリートのようなストイックさ、ラブすぎる。

 


OH YEAH

この曲を聴かなきゃLFPは終われない。最後のサビ前にうしろにずっと貼ってあった「平成」の文字が書かれた紙を沙季ちゃんが剥がすと「令和」の文字が書いてあったときに、おお~!って声が上がった瞬間、平和だなぁと感じました。平成と令和、どっちもLovelysちゃんにぴったりな元号ですよね。いやどういう意味やねん。平成ありがとう!!!

 

 

ここまで何度も書いてきたけどやっぱり私はクラブクアトロのステージに立つLovelysがどうしても見たいんです。もっと大きいステージに立つところも。梨緒ちゃんと沙季ちゃんの夢が、2人のことが大好きなオタクたちの夢でもあるんですよ。そしてなによりも夢を叶えたリオサキちゃんの嬉しそうな顔が見たい。だから最後に宣伝しておきます。

 

 

次回開催は私が世界でいちばん好きな八木沙季ちゃんのバースデーライブ!絶対楽しいのでみなさん是非お越しください!そして私の好きな子を祝って~!

キラキラのご縁とカツオのたたき

人と人との出会いは「ご縁」でできている。

だからたぶん、オタクとアイドルもそうなんだと思う。

推しを見つけるたびにその子を前から好きでいる人のことを羨ましがって、もっと早く好きになりたかったとないものねだりをしてしまうけれど、ちょうどそのタイミングで「ご縁」に恵まれたからこそ好きなれたんじゃないかって。


たとえば。私が川村文乃ちゃんのオタクをはじめたのは、しばらくハロプロから離れていたときにLovelysのオープニングアクト見たさにハロコンに入ったのがきっかけでした。そんなこんなで文乃ちゃんの魅力にとりつかれて気がついたら一年、高知の凱旋公演にまで行ってしまった。今回はそういうお話。初めて行った推しメンの凱旋ライブがめちゃくちゃ楽しかったことと、高知は美味しいものがたくさんあってみんな優しくて素敵な街だったこと。を、書いていきたい。

 

12:30  高知駅到着

f:id:ichigodamasii:20190311212423j:image

この時点で家を出てから5時間以上が経過しており、在来線と新幹線と特急を乗り継いできた私の体はまだ何も始まってないというのにもうボロボロ。某旅行会社の格安パックで一番早く着く時間がこの電車だったので、川村さんの日替わりを買えなかったことだけが心残りとなりましたね…まあでも結構な数の人が買えてなさそうな感じもあったからせめて凱旋公演のときぐらいは普段以上に用意しておいてよ~アップフロントさん~!!


高知城

f:id:ichigodamasii:20190311211906j:image

高知市内を見渡せる高知城

アイスを食べてハトと仲良くなるのが

川村流の楽しみ方☆

 

☆高知観光案内☆川村文乃 | アンジュルム メンバー オフィシャルブログ Powered by Ameba

まずこのブログがすごいはりまや橋をはりやま橋と書いてしまっているのはご愛嬌。2019年このブログ記事がすごい!大賞に決まりましたおめでとうございます(まだ3月)。そんな冗談はさておき文乃ちゃんって本当にマメだなーと思うんですよ。自慢の推しです。えへへ。


最近はライブハウスで1時間半ライブを見るだけで悲鳴を上げる足腰に鞭を打って長い長い階段を登ったらアイスクリン屋さんがあり、f:id:ichigodamasii:20190311211910j:image

あー文乃ちゃんが買うのはここかなぁなんて思いながら見て、お腹いっぱいだったから1回スルーしたけど結局は少し下のお店で買いました。
f:id:ichigodamasii:20190311212416j:image

3段で200円。好きなの3つ選んでいいよーと言われたのでゆずといちごとバニラを選択。ハトとは仲良くなれなかったけど、小さい子に羨ましそうな目で見られてちょっと肩身が狭くなった。ごめんな…大人になったら自分で買って食べるんだぞ…。


ひろめ市場

f:id:ichigodamasii:20190311212058j:image

味のある看板。福がやってきそうな招き猫の表情が良い。中は昼間からお酒を煽る大人たちで賑わっていて少し薄暗くてそこだけずっと夜みたいでした。文旦サワーの文字に惹かれたけどお酒弱いので少しでも飲んでしまったらライブハウスに入れてもらえないと思って泣く泣く諦めました。そして夜にリベンジするぞ!と意気込んだものの人が多すぎて断念。そりゃ土曜日の夜だからみんなお酒飲みたいよなぁ。次に高知に行く機会があれば絶対にひろめ市場で文旦サワーを飲む。

余談ですが、どこかのお店のお兄さんが着ていた「高知家」のTシャツが可愛すぎて駅で見つけて即買いしました。高知のキーケースも買ったから高知のヲタクみたいになりました。まあ、好きなのは高知というか文乃ちゃんなんですけど…はい…言いたいだけです。

 


桂浜

f:id:ichigodamasii:20190311212032j:image

とりあえず観光の話がしたいので翌日に行った桂浜の話。天候は生憎の雨、穏やかなはずの海は大荒れ。そんなことある~?って言いながら必死にとった写真です。愛機のEOS Kissもびしょびしょに。

f:id:ichigodamasii:20190311212419j:image
f:id:ichigodamasii:20190311212152j:image

雨にくじけつつもちゃんと聖地(?)も巡礼。「かむ」って響き、かわいいですよね。あとは後ろ姿がちょっと哀愁漂っていてかわいいペンギンのみやおくん。好きなアイドルを見ている時の私の後ろ姿もだいたいこんな感じだと思います。え?ペンギンみたいに可愛くないって?それはそう。桂浜水族館はそんなに大きくないけど展示がユニークで面白くて、ポエムとかも書いてあってシンパシーを感じました。事務所は「アジト」で売店は「最終課金エリア」だったのでちょっと勇者になった気分でしたね。…勇者とは。

 

ライブ

で。今回の旅の1番の目的は推しの初めての凱旋ライブ。そしてどうでもいいけど私にとっても初めての「推しの凱旋ライブ」でした。ツアーの日程が発表されてすぐに行くぞ!って勢いで決めて会社のまあまあ大事な行事を蹴ってギリギリ当たった夜公演のチケットを握り締めて向かった高知。

ここでちょっとだけ夜公演が始まる前に友人の付き添いで入った酒屋さんの店主のおばあちゃんの話を。高知いいところですよねえなんて世間話をしたあと、お会計のときに突然「はい。これ、ご縁がありますように」と綺麗な5円玉を2枚くれました。キラキラしているのがちょうど2枚あったからって。そのときに私は感動してもうあなたに出会えたことがもう素敵なご縁ですと言ったけど、そこでもうひとつ思ったことがあって。それが文乃ちゃんに会えたことも縁だなぁということでした。そして冒頭のポエムに戻る。

アイドルにとってのオタクはいくらでもいるけど、オタクにとってアイドルはたくさんいる中から選んだたったひとりの女の子なんですよ。つまり何が言いたいかというと私は文乃ちゃんを好きになれてめちゃくちゃ嬉しいってこと。話が逸れているような気もするけどまあそういうことです。文乃ちゃん大好き!(勢いで押し切るタイプ)


1曲めの大器晩成から高知でライブができるのがほんとうに嬉しいんだろうなって思うような文乃ちゃんの笑顔に私の顔も自然と緩む。臥薪嘗胆のソロパートはとにかく声がめちゃくちゃ可愛い。糸島Distanceの「許してあげる」のパートは最高でしたね、その曲から忘れてあげるの流れで見せた大人っぽい表情にドキドキしちゃったな。推しメンを赤ちゃんにしがちなのでいつもあやのちゃんはばぶちゃんやな~とか言っているのを反省しました。まあ…ばぶなんですけど…。

そして君フレ。ああそうだこの曲で文乃ちゃんのことを好きになったんだと考えるエモがり屋さんこと私。もうちょっと曲に集中したほうがいい。

ほかの感想として基本的には川村文乃ちゃん推し定点カメラなので文乃ちゃん可愛かったなということぐらいしか記憶に残っていないんですけど、和田さんの肩甲骨がやばかったのと共感詐欺の勝田さんがかっこよかったのと佐々木さんがイケ散らかしていたのと上手く言えないのれいらたんがとにかくばぶかったというのが特記したい事項ですかね。結局ばぶの話かい。


アンコール明けの最後の文乃ちゃんのMC、涙腺にきましたね。高知の大きいホールでライブがしたいと言った文乃ちゃんの目はキラキラしていました。アイドルになりたいと思ったのも高知のおかげ、頑固な自分を作ったのもこの町だと語って。そういう地元愛が素敵で、だから私も高知が好きになりました。

 

いつの間にか
星を見る習慣も飛行機は階段登って乗ることも
路面電車の音と信号のピヨピヨの音も
忘れてて
少し悲しいなと思ったけどこれが変わっていくってことかと。
 
すこし大人になったし、環境がかわった、時代がかわった、生きてる場所も気持ちも変わったたくさん変わってきたけど
だけど変わらないものもあってそれが今の自分なのかなー
知らない間に明るくて元気でおてんばな女の子が当てはまらないまたちょっと違った人になってましたね!
 
私はまだまだやき
小さなことから大きなことまで戦って勝っていきたいと思います!

 

☆輪廻転生 高知☆川村文乃 | アンジュルム メンバー オフィシャルブログ Powered by Ameba


まじめで優しい。負けずぎらいで頑固。

私が見えているのはほんの一部かもしれないけれどそういうところが好きです。

アイドルになってくれてありがとう。文乃ちゃんをアイドルにしてくれた高知にありがとう。あの日文乃ちゃんを好きになれたことをほんとうに幸せに思います。


次に高知に行くときはこの前よりも大きい会場でアンジュルムを見られますように!

もしもLovelysが彼女だったら

2019年初もしもシリーズ。すっかり恒例になりつつある、需要は気にせず私が好きなように妄想を繰り広げる回です。ドレドレ♡Lovelysのもしものコーナーのテーマがずっと待ち望んでいた「もしもLovelysが彼女だったら」というものだったので、メールでは収まりきらなかった詳細なデートプランをここに書き記したいと思います。読まれなかったけど梨緒ちゃんのも書いていたのでそちらも。普段は妄想上でもアイドルとは付き合っちゃいけない約束(自分ルール)になっているけど今回だけは特別に…。本人やラジオとは無関係の完全な妄想です。相変わらずの気持ち悪さと謎の熱量なので戻るなら今のうちですよ! 

 

 

梨緒ちゃんの場合


世界一助手席が似合うアイドル※私調べ の梨緒ちゃんとはドライブデート。あ、まず家が近所の幼馴染というのがいいですね。家が近所で幼稚園から高校まで同じの腐れ縁、大学生になって自分が家を出て一人暮らしを始めたからほとんど会わなくなったけど成人式で再会して流れで何度か2人でご飯を食べに行くようになりその後交際に発展しました。(具体的)

貧乏学生なので父親が昔乗っていたセダンで梨緒ちゃんを自宅まで迎えに行ったら高速にのって海辺の街に向かう。梨緒ちゃんが車で流れている曲を口ずさんでくれるという世界一ぜいたくなBGMでドライブ、良くないですか?それからランチはテラスのあるイタリアンレストランで。上手にフォークとスプーンでパスタを食べる梨緒ちゃんをぼーっと見ていたら「よそ見してんと食べ!」って怒られたいですね…。ママみ。お昼ご飯のあとはしばらく海沿いを車で走っておしゃれな家具屋さんとか雑貨屋さんに入ってお買い物をしたり、コンビニでカップのコーヒーを買って夕日の沈む海を眺めたり。そういう静かなデートがしたい。

f:id:ichigodamasii:20190201235246j:image

暗くなったら一旦実家に車を置きに帰って、近くにあるあんまり大きくないけど綺麗で明るい雰囲気の居酒屋のカウンターに並んでビールで乾杯して梨緒ちゃんのおしゃべりをずっと聞くんだ~。 お家には日付が変わる前に送って行って、玄関の前で「おやすみ」って言ってもらってその可愛さにニヤニヤしながら実家に帰ったら妹に「何ニヤニヤしてんの、キモい」とか言われるんだろうな…。でも梨緒ちゃんのおやすみのおかげてそんなの全く気にならないし「今日も僕の彼女がかわいかった!」って良い夢が見られそう。平和。

 

 

 

沙季ちゃんの場合

 
大学で同じ講義を取っていて一目惚れするところからスタート。声をかけるなんて絶対無理だと思っていたけどこのままじゃお近づきになんてなれないぞと勇気を振り絞ってご飯に誘って、何度かデートを重ねたあとまじめな告白をしてお付き合いを始めます。

そんな沙季ちゃんとのデートは駅で待ち合わせるところから。まずは近くのショッピングセンターのフードコートでお互い好きなものを食べたら軽めにウィンドウショッピング。「沙季ちゃんはなんでも似合うよ」とか服を選ぶのに全く参考にならないことを言ってしまいそう。ほぼヲタクやないか。夕方に駅前のカフェで甘いものを食べたあとは水族館に行きたい。うぱぎに似ている魚(まで書いたけど普通の大学生という設定の沙季ちゃんの右肩にうぱぎを乗せるわけにはいかないので沙季ちゃんのお気に入りの架空のキャラクター「うぱぎ」ということにします。)を探したり泳いでいる魚にどっちがセンスのいい名前を付けられるか対決をしたりして楽しむ。

f:id:ichigodamasii:20190201235306j:image

ちなみに私がいちばんうぱぎに似ていると思う魚はエイです。水族館のお土産にはウーパールーパーのぬいぐるみを二つ買う。そして夜はしゃぶしゃぶの食べ放題にいって沙季ちゃんが延々とお話しているのをニコニコしながら聞いたら、親御さんの信頼を得るために21時にはお家に送って行きます。自宅に帰ったら水族館で買ったウーパールーパーのぬいぐるみを見ながら酎ハイを一缶空けて沙季ちゃんのかわいさを噛み締める。…ちょいちょい思考がヲタクだな。妄想の中も手にすら触れられないぐらいだからね。

 

というわけで以上です!ここまで読んでくださったみなさんおつかれさまでした。そしてドレドレさん楽しい企画ありがとうございました。

あーあ!!やっぱりりおさきちゃんのボーイフレンドになりたいな~~~!!! 

 

ボーイフレンドになりたいっ!

ボーイフレンドになりたいっ!

  • provided courtesy of iTunes