かわいいが正義

いつまで経っても思春期

関西アイドル楽曲大賞2017

アイドル楽曲大賞に投票したけど、今年の関西アイドル界は名曲揃いで5曲なんて選べなかったので個人的に好きな関西のアイドル楽曲を順位付けて発表する回です!私が楽しいだけの回とも言う!
本家のルールは気にせずとにかく関西のアイドルソングを紹介する記事。
 

10位 ありがとうはほんの気持ちだよ / つぼみ

youtu.be

なんばグランド花月を見上げる10人の後ろ姿のカットからはじまるMVずるい。肩パット入れた吉岡さんのところでNGKワンマンの全員コント思い出して泣きました。涙腺はガバガバ。
Bメロのえりぼんのソロが特に好きです。普段とのギャップがまた良い。

 

 

9位 大阪新都市感情線 / AH(嗚呼)

youtu.be

2曲目(1:45〜)

作詞作曲担当は温泉旅館の若女将、振り付け担当は実家で経営している介護施設の管理職という2人組アイドル。いやいや…漫画でもそんな設定詰め込み過ぎることないやろ…。と思っていたら本当にびっくりするから!私がそうでした。
オタクにすすめられてYouTubeに曲を聴きに行ったらまあドストライクだった。才能の塊。ことぱぉさん(若女将のほう)は滋賀の星……。曲はおしゃれなんだけど疾走感があるのが好きです。

 

 

8位 Sing Bird / カラフルスクリーム

youtu.be

楽曲に定評のあるカラスクちゃん。これは聴いておかなければということでイエハピがMV出てるからって軽い気持ちでこの曲聴いたらグッと心を掴まれた。もうそこからエンドレスリピート。Aメロのバスドラムの刻みはたまらないものがあります。やっぱり正垣先生だなー!!

 

 

7位 強がりハート / on and Go!

youtu.be

(25:06~)

川端渚ちゃんの落ちサビ、最高以外の言葉で表すことができない。歌がずっと上手い。 「明日また会えるときには」の明るいのになぜかちょっと泣けるメロディー。続く「一歩前に進め片思い」という歌詞も好き。

 

 

6位 初恋ユース / POPUP

youtu.be

とにかく全部好きです。まずきえちゃんの頭サビから良いし「可愛いねって言われて浮かれモード」な塚本さんがかわいいし西本さんの素晴らしいCメロからの大サビ市川楓ちゃん!!!!
大好き!って叫べる曲は名曲の法則。

 

 

5位 Days / 我儘ラキア

youtu.be

本家のノミネートリスト外だけどどうしても入れたかった曲。構成が定番のパターンじゃないところが好き。ラキアは曲も衣装も正統派アイドル路線ではなくて闇属性っぽいよなってずっと思っていたけど、ハチャメチャに光だった。悪役に見せかけて実はヒーローでした!みたいな感じ。
Aメロ的なところの相谷さんのソロからの星熊さん相谷さんが向かい合って歌い、「迷わせはしない」の凜ちゃん(希望)という流れが最高。

 

 

4位 Good Bye My Friend / Yes Happy!

youtu.be最後の曲(6:03〜)

イントロとサビのバックで鳴るスネアドラムの刻み(タッタタタッタタタッタタタタタタっていうの)、ずっと同じリズムなのが行進曲っぽくて良い。新たな旅立ちは前を向いて歩いていくものだからね。トランペットとかのホーンセクションありの生バンドで聴きたい一曲。イエハピの声と生バンドとの相性の良さ、世界中が知ってほしい。この曲が収録されているアルバムは名盤です。

まぶたを閉じて思いだす 君と過ごした夏 ― Yes Happy!「Last Summer」全曲レビュー - かわいいが正義

 

 

3位 裸足のキボウ / POPUP

youtu.be

あれは真夏のATC…うだるような暑さの中アイスを食べながらアイドルミーティングが始まるのを待っていたらぽぷあのリハーサルが始まった。えっ…ちょっと待って…めっちゃ良い曲じゃない?それが私と裸足のキボウとの出会いでした。そのときから大好き。
まあなんといってもエモい。サビのユニゾンがたまらなくエモい。上手く言えないのでとりあえず聴いてください!

 

2位 もしも・・・ / Lovelys

今年も箱推し部門第1位のLovelysちゃん!!
カバーというのもどうかと思ったけどやっぱり最高なので。アルバムにハロプロのカバー曲を何曲か入れるとなったときにこの曲を選んでくれた大人のひと本当にえらい。セリフがとにかくかわいい上にじょうずだし梨緒ちゃんの「おねがい」を聞くとなんでも叶えたくなってしまう、家でも買ってあげちゃう……。
とにかく梨緒ちゃんも沙季ちゃんも声がとってもかわいい。2人はアイドルにとってすごくいい武器を持っていると私は思います。そんなかわいい歌声をたっぷり堪能できるLovelysの1stアルバム「RioSaki」、どうぞよろしくお願いします!

 

 

1位 理想的なラブソング / Yes Happy!

youtu.be

何の曲がいちばん好きだったかな、と考えたときにぱっと頭に浮かんだ曲。何百回と書いているけどイントロから理想的なラブソング。キラキラしていておしゃれで、でもどこか切ないような音がたまらない。そしてここちゃんの書いた歌詞にイエハピの声。どれをとっても素晴らしい。以下、こころさんのブログを抜粋。


恋心って大好きなアイドルに思う気持ちにも通ずるところがあると思うの。
会えた時、前の日に何言おうか一晩中考えた言葉も、大好きなアイドルを目の前にすると白紙になるし、「憧れています」の8文字も言えなくて、次会えるまでまた期間が長いのに、、このチャンスは毎日訪れない瞬間なのにって

『理想的なラブソング』歌詞|Yes Happy!オフィシャルブログ「ハッピーちゃん!ねる」Powered by Ameba



オタクはぜひ自分と重ね合わせながら聴いてほしい。好きな子に走って会いに行きたくなる曲です。

 

 

<番外編 MV部門>

youtu.be

最後にもうひとり女の子が出てくるところがとても粋な演出。「愛の形変わっても すべてまるごと受け止めて」誰がなんと言おうと、どう思われようとそれを伝えたかったんだと思います。こういうことをさらっと出来るのがチームYes Happy!なんですよ、誰にでも出来ることじゃない。私はその言葉を見える形にして表してくれたことがすごく嬉しかったです。
だけどそういう背景を知らない人でも楽しめる名作。馬と魚監督は天才、主演の林さんはとってもかわいくて男の子もいい味を出している。恋のキューピットことイエハピちゃんはどのシーンもコミカルでかわいい。こころさんにパンチされたいしさやか先生に勉強習いたいですね!!(前半真面目に書きすぎたので後半でバランスを取った)

曲ももちろん良い。ダーリンは2017年関西アイドル界のテーマソングだったといっても過言ではないと思います。


というわけで。関西はアイドル不毛の地なんて言われているけどこんなに素敵なアイドルが、そして良いアイドルソングがたくさんあるぞということが伝えたかった!以上です!

OSAKA MUSEが世界の中心

こまフェスに行きました。とにかく熱くてみんなかっこよくてかわいくて最高のフェスだった!という感想文です。

 

トップバッターはつぼみ。SEがカッコいい!1曲めのAll tag needの糸原さんのセリフからがアツすぎて泣きそうになった。つぼみのことなめてんじゃねーよ!!!
しよりさんの落ちサビも至高、ソイヤとえりぼんをラップ担当にした人は天才。
売れたいねんって歌っても全然ヤな感じがしないし、それどころかかっこいいな売れてほしいなって思えるのはすごいこと。
大好きなあなたに決めましたも最高だったな〜みんなめちゃくちゃかわいい。全力の「だ!い!す!き!」を叫んだ。めっちゃオモロいアイドル、邪道のように見えて王道アイドル路線が似合うところがいいよね!
来年4月28日のZeppNambaワンマンライブ行きます!

 

我儘ラキア。もうなんかすごい、すごいかっこよかった……(語彙)絶対的なカリスマ性を持つ星熊さんがセンターにいて両脇に甘めの海羽さん相谷さんが構えているという布陣が好き、シンプルに強い。
新曲の凜ちゃんの歌い出し良かったし、星熊さん相谷さんが向かい合って歌うところ熱くて鼻がツンとした。このときに私はやっぱり相谷さんのオタクとして、またステージに立って歌ってくれていることが嬉しいと改めて思いました。彼女には過ごしてきた日々が間違いじゃなかったって思っていてほしい。あくまで個人的にはという話だけど、この気持ちは誰に何を言われたって曲げません。 Days / 歌詞|我儘ラキア 公式

それとMy life is only onceの曲振りの星熊さんたまらなかった!直接心を揺さぶるような言葉は星熊さんだから言えて説得力があるんだろうな。明日からも頑張って生きよう。

 

ふわふわパンチ。ライブでは初見だったんですけど、2人の掛け合いがいちいちかわいい。糸原さんのやわらかい声にギターの音がとっても合って癒される。あなたに決めましたからのAre you ready、アコースティックもまた良さがありましたね…。
ソイヤが体を反らせて気持ちよさそうにギター弾くのもかわいかったし、Heart Beat Harmonyで最後糸原さんが声飛ばしてしまったからもう一回ギター弾いて歌わせてあげたのもかわいかった。もしかして岡本蓮ちゃんってめっちゃかわいいのでは……。
こまごめパンチ(コラボ)のキミの元へも良かった。なかなか目が合わない糸原さんとソイヤがかわいい〜!

 

Lovelys。先輩と同期がいて赤ちゃんがえりしちゃったり後輩がいて先輩面したりしているのを梨緒ちゃんにリークされるしゃきちゃん、初っ端からばぶにも程。かわいいです。いつもしゃきちゃんには激甘ですみません…。
MUSEで聴く一大事とスーパーマンはなんだかいつもよりも響きました。夢のステージに届いてほしいしてっぺんを掴んでほしいっていうのもいつも思っているけどそのときはより強く。お願い魅惑のターゲットの盛り上がりがすごくて、最後ちょっと息が上がるくらい跳んで声も飛んだ(上手くはない)。この曲の梨緒ちゃんの歌い出しが良いって話を5時間できるというくらい好き。
こまリーズのOH YEAHは最高に楽しかったしかわいかったのでこれを公式ツイッターに動画上げてくれたのえらすぎる。最後のアルプス一万尺みたいなのを、沙季ちゃんと優華さん、梨緒ちゃんと千紘さんっていうメンバーカラー別のコンビでやっていたのがすごく良かった!メンカラ大好き芸人です!

 

トリはこまごめピペットダンスめちゃくちゃうまい!かっこいい!
悲しいパペットの歌謡曲っぽさがふたりの声に合っていて好き。あとこまピペさんはとくにハモリのときの声の相性が満点だなと思います。未体験THE WORLDには痺れた、アニメソングとかボカロ曲通ってきたオタクにはたまらないサウンド。これがまた優華さんも千紘さんも2次元のキャラクターみ(?)があってこまごめピペットに合うんですね。ちょっと怪しげな世界観に一気に引き込む力がある。
Lonly Princessの最後に出演者全員呼び込んでみんなで歌うところやったときに糸原さんが思わず「長い」って言って優華さんに突っ込まれていたの笑った。めっちゃオモロいアイドル、さすがのツッコミである。

 

というわけで。異色の人選と思いきや全員共通して「熱い」素敵なフェスでした。アイドルはきれいな花でいないといけないかもしれないけど、私はやっぱりでっかい夢持ってバカ真面目にアイドルをやっている熱い人たちがとっても好きです。

みんなに幸あれ!!!!!!

 

www.youtube.com

Lovelys 1st Anniversary!!

信じていれば叶うって
君と青空に願って
ここまで来れたのよ

Goal ~明日はあっちだよ~ / Juice=Juice

 

Lovelysの1周年アニバーサリーライブの感想文。いつもより熱くて重めです。愛だよ愛!!!

 

1.アニバーサリー
「一番好きなあの歌」、やっぱり記念日にはこの曲がなくてはならない。Lovelys!!!!のアルバムに収録されていたとはいえ元はイエハピの曲だから2人で歌ったのは初めてでした。きらっきらの笑顔をした梨緒ちゃんと沙季ちゃんが並んでいるだけで泣きそうになった、ほんとに大好き……。

 

2.ドレドレ
阿倍野天王寺難波アメ村!いつでも!しゃきちゃんに会うために行きます!
はい。地名歌うところが好き。誰でもできるサビの振りとか\せーの!/でジャンプするのたのしい〜。スルメ曲です。

 

3.スーパーマン

ちゃらんぽらん度が回を重ねていくごとに上がるしゃきちゃん!梨緒ちゃんの呆れ顔がとってもキュート!かわいい!Lovelysちゃんが私のスーパーマン!!

 

4.ふたりはNS
梨緒ちゃんと沙季ちゃんが目を合わせて歌っている姿があまりにも尊くてちょっと泣いた。

Lovelysと書いて「尊い」と読みます。
あとルイードのオレンジの照明に照らされる2人の横顔が美しいって話、いくらでもできる。

 

5.好きやねん、好きなんよ。
歌っているときの表情がすごく良い。大人のラブリーズです。ふたりにもう離れられへんからって言われたら一生離さないよね……。

 

6.もしも・・・
はい!最高!大好き!りおさきちゃんのかわいい声にぴったりです!
はじめてのライブでのフルバージョン、しゃきちゃんが「シャワー」を「しゃわわ」って歌わないかハラハラしたけど無事にシャワーと歌えていて安心しました(?)

 

7.有言実行
泣いた。あの対談からの流れはほんとうにずるいよ……。辞めようとしたこともあったしイエハピが卒業したときにここが潮時だと思った梨緒ちゃんと、この仕事が本当に好きで一度も辞めたいと思ったことがない沙季ちゃんが今こうして同じ夢を追いかけているのたまらなくないですか?「夢を信じている」、きっとそれだけで充分。
新衣装は黒と白!アイドルらしいフリフリのスカートとかももちろん好きなんだけど、かわいい女の子が着るかっこいい衣装にロマンを感じるタイプです。

 

8.ロンリネスロード
タイトルが言えないしゃきちゃん!ろんりねすのーど!(かわいい)
LFPではじめてMVを見せてもらったときの「箕面から梅田まで電車で行く曲」という印象が強すぎたので、改めてライブで聴いてイントロがすごい好きなことに気付きました。2人のダンスの上手さが分かる振り付けはかっこいいし、ちょっと長めのセリフもさすが演技派のLovelysという感じ。でもやっぱり最後に残ったのは箕面と梅田と石橋と宝塚……。

 

9.プラチナ
夢を語ったあとのプラチナ、いつにも増して気迫がありました。長くなったアウトロのダンスが好き。りおさきちゃんほんとかっこいいんですよ〜。普段の2人しか知らない人に見てほしい曲。

 

10.Goal 〜明日はあっちだよ〜
プラチナからこの曲っていうエモいセットリスト組んだ天才だれ~~~~~~?

えっ、りおさきちゃん?!

大好き!!!!

今回のライブで、アルバム収録曲を除いて唯一のカバー曲。センスが良すぎる選曲です。Lovelysの声にも合うんだなこれが…。2人が明日も、この先も一緒にいて同じ夢を追いかけてどこまでも行ってほしい。

 

10.お願い魅惑のターゲット
落ちサビで全力のコラー!を叫んだ。この曲で全力で踊って声枯れるまでコールしていると嫌なこととかしんどいこととか全部忘れられるのでオススメです!
ステージの上でオタクを跳ばせてニコニコする2人がきらきらしていてかわいくて、やっぱり私はステージに立っているときのアイドルが1番好きだなあと思った。

 

11.OH YEAH
沙季ちゃんの「満足でーす!」ひさしぶりに聞いた気がしたんだけど、それを聞くとそっかよかったねぇ私も満足だよ〜っておばあちゃんみたいな気持ちになる。孫。梨緒ちゃん(ねぇね)の「よくできました」には必ず心がばぶ返りしてしまうけどな…毎日言われたい。

 

12.YOUR SONG
楽しい時間は短い。終わらないで〜と思いながら沙季ちゃんが本当に歌上手になったことに感動した。ハモリが安定してきていて聴きやすくなって、それは沙季ちゃんの努力の賜物に他ならないわけで。んーーー好きだな。(語彙)

 

13.いちばん大事なこと
届け夢のステージという歌詞の響くこと響くこと。ずっと前から大きい会場でワンマンライブをするLovelysを見るというのが私の夢です。「こんなに大切な仲間」で肩を組む梨緒ちゃんと沙季ちゃんを見て、その日何度目かのエモに当てられました。

 

14.Merry-Go-Round
未だかつてここまで泣けるメリゴがあっただろうか…というくらい泣いた。自分でもちょっと引いたくらい。個人的落ちサビ選手権の第1位がメリゴの梨緒ちゃんの落ちサビなんですけど、梨緒ちゃんが泣いて歌えなくなって後ろにいた沙季ちゃんが梨緒ちゃんを抱きしめていた姿があまりにもきれいで、梨緒ちゃんを涙消え去るあの場所へと連れて行けるのは沙季ちゃんだけなんだなって…尊い…。

 


というわけで。Lovelysのことが本当に好きだということを再確認した1日でした。アホほど泣いた!
私はほんとに梨緒ちゃんと沙季ちゃんのことが好きで、Lovelysの作るライブがとくに好きで、だからたくさんの人に見てほしいし大きいステージでも見たい。2人の夢が自分の夢です!上手く言えないけどとにかく好き!

 

f:id:ichigodamasii:20171123122250j:plain

 

イエハピさんはじめ周りの人にとっても愛されているLovelysちゃんがこれからもっとたくさんの人に愛されますように!

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

ここがすごいぞLFP!

説明しよう!LFPとは「Lovely Friend Party!!」の略で、Lovelysが毎月1回大阪RUIDOで開催している定期ライブのことである!

とにかくLFPが大好きなヲタクがLFPとLovelysを褒めて褒めて褒めまくります。大体いつも通りです。


◎毎月違うセットリスト

これはほんとうにすごい。3月は卒業(春)で6月は雨など季節感のあるテーマが決められていて同じライブは二度とありません!今月は何を歌ってくれるのかな〜というワクワク感があって、衣装も毎回違います。こだわって考え抜かれた「Lovelysのふたりが作る」ライブ、それがLFPです。

 

◎楽しすぎる映像コーナー

早食い対決からモノマネやドッキリ、そしてお裁縫までバラエティーに富んだ映像コーナーもLFPの楽しみのひとつ。もちろん内容も毎回違います。
そして編集担当の八木沙季ちゃんの天才的なテロップセンス!

f:id:ichigodamasii:20171111234337j:image

この草原である。
早食い対決は途中からただのお食事になってしまうことも多々あってかわいいです。

この1年間いろいろな面白かわいい映像がありましたが、その中で私がもう一度見たいのはLFPvol.35の35にかけた「ブルゾンりおみ with Y」

 f:id:ichigodamasii:20171111234407j:image

キャリアウーマンならぬ「キャリアアイドル」りおみさん。めちゃくちゃイイ女でしょみんな見て〜〜〜〜!!!!

早くりおみさんのヒモになりたい。

でも八木くんのことは養いたいです。

 

◎ヲタクがグッとくるカバー曲
必ずイントロで高まる曲を歌ってくれる。そして、オリジナルの良さをしっかり残しつつちゃんと2人の味が出ていて、カラオケじゃなく「カバー」として完成しています。

 

ここで唐突ですが私が選ぶ「もう一度見たい!LovelysのハロプロカバーBEST3」を発表します。

 

◯愛・愛・傘 (Vol.35)
6月、テーマは雨。選ばれたのはこの曲でした(最高)。ふたりの歌声に合っていて、傘を回しながら歌っていたのも良かったな…。

f:id:ichigodamasii:20171111234415j:image

 

ガラスのパンプス(vol.31)
ただただカッコよかった。2人のキレキレのダンスを見たらきっとMCやかわいい曲とのギャップにやられます。リオサキちゃんは魔性……。

youtu.be

上の動画の2分5秒くらいから見られます。

 

◯キャベツ白書〜春編〜(vol.33)

ふたりの作ったお米が食べたい!!

梨緒ちゃんと沙季ちゃんを孫にしたい!

制服最高!!!!!!

f:id:ichigodamasii:20171111234447j:image

以上です。
この曲は時々対バンなどでも歌っていますがどうしても制服が好きだったので入れました。(テーマから逸れた)

3曲に絞るのが難しいくらい、とにかく選曲のセンスが良い。Lovelysのハロプロカバー曲はヲタクにこそ見てほしいです。

 

というわけでここまでいろいろと書いてきましたが最後にメインの宣伝。そんな感じの楽しいライブがたっぷり2時間でお値段3000円で見られます!満足度差し引けば実質タダ!

Lovelys 1st Anniversary
@OSAKA RUIDO
11月15日(水)
19:00開場 19:30開演

絶対楽しいライブです。11月15日は心斎橋に集合!

ameblo.jp

広告を非表示にする

まぶたを閉じて思いだす 君と過ごした夏 ― Yes Happy!「Last Summer」全曲レビュー

Yes Happy!の最新アルバム、「Last Summer」がとにかく名盤というお話。曲の感想文とさやかさんとこころさんへのラブレター 〜好きな歌詞を添えて〜 という感じで書いていきます。

 f:id:ichigodamasii:20171029134352j:image

 

まずこのタイトルから。「Last Summer」、さやちゃんとここちゃんがLovelys!!!!を卒業した「去年の夏」の9月25日は、9月ももう終わりかけだというのにまだ少し暑さの残る「夏の終わり」でした。そしてこのアルバムの発売日が9月25日。しかもLovelysとして初めてのアルバムと同時発売。……この時点でもうエモくないですか?エモが大渋滞。

4人がかりでヲタクを沼に沈めようとしてくるのがもはや怖い。でもまあ、夏というのはそういう季節なんですね。ヲタクにとってはもちろんそうだし、たぶんメンバーにとってもちょっとトクベツな季節。
このエモさについて書き出すとキリがなくなってくるのでそろそろ曲の感想に移ります。
 
 
M1.理想的なラブソング
作詞:こころ 作曲、編曲:正垣和則
「これが僕なりのラブソング」
はいイントロ〜〜〜〜!この曲を1曲めに持ってくるというのがもう天才かな?って感じじゃないですか。イントロを聴いただけで好きな子に会いたくなってしまうくらいのガチ恋ソング。いや、ラブソング。「まるで映画のワンシーンだね」という歌詞にあるように主人公の男の子はたぶん相当な憧れを相手の女の子に抱いていて、そういうところがアイドルのことがとても好きなオタクと重なります。私も仕事頑張るから、せめて会話できるだけのスキルがほしい。
歌詞に出てくる、バスの中で聴いた理想的なラブソングと信号待ちで向かい側に君を見つけて思わず口ずさんだ浮かれ切ったラブソングはおそらく既存の曲だけど、そこから最後に向かって恋心が加速していって僕と君の恋に合った、僕なりのラブソングになるというところが好きです。頭が悪いのでうまく説明できた感じがしない……。さやちゃんの落ちサビが優勝。
 
 
M2.ダーリン
作詞:さやか 作曲、編曲:正垣和則
「君がこの世界にいるってだけでさ 世界は輝くの…かもっ!?」
みんな大好きダーリン。キャッチーなメロディーラインに、楽しくて誰でも真似できるダンス、さやちゃんが卒業後にLovelysの2人に向けて書いたよく聞いたらちょっと重めの歌詞。そこにはLovelys!!!!時代のオリジナル曲のタイトルや歌詞の一部がちりばめられているという粋さ。重いとは言うけどそれもさやちゃんの良いところです。でもそれを何も知らない人が聴いたらきっとふつうにすごく良いラブソングだと思うんだろうなっていうところも好き。大好きなあの子がいるから世界は輝いている、ヲタクってみんなそうじゃない?私もできることならスーパーマンになりたい。
どの世界にも永遠なんてないし変わらないものなんて絶対になくて、だけど好きな人が「愛の形変わっても すべてまるごと受け止めて」というならそうするだけだと思う。あくまで、私は。
 
最近アップされた馬と魚監督のMVも素晴らしいのでぜひ。

 

 
M3.GO!GO!夏のフラガールズ!
作詞、作曲:德田憲治 編曲:寺井孝太
「スイカにアイス 焼きそばビール レッツ飲みニケーション」
真夏のATC海辺のステージを思い出す。あれは僕たちのTOKYO IDOL FESTIVALだったんだ……。
夏の曲なんだけどただ浮かれているだけじゃないし、大人のイエハピにしか歌えないような歌詞が良い。でも途中の唐突なサンバタイムと後ろの2人の笑い声がとってもかわいいです。あと最後のサビで転調するところにもものすごくグッとくる。転調大好き芸人。来年の夏にATCに向かいながら#NowPlayingをつけてツイートしたい。
 
 
M4.カンパイソング
作詞:愛野益巳 作曲、編曲:正垣和則
「飲んで忘れよう!となりにいてよ それは僕のワガママさ 恋しくて」
飲み足りない…飲み足りない…。ディスコサウンドだしみんなで踊って盛り上がれる曲なのに歌詞からあふれるどうしようもない哀愁。ここちゃんやさやちゃんが書く情けない男の子も、それはそれは情けなさがあるんだけど愛野さんの書く男の子がいちばん情けない(何の話)。
この曲の主人公は勝手に「理想的なラブソング」の主人公と同一人物だと思っているんですけど、こうなんか日中(理想的なラブソング)は「本音を言えばご飯に行きたい」ぐらい控えめだったのに、夜(カンパイソング)になるとお酒を飲んで「となりにいてよ」っていう本音が漏れてしまうのがすごく良い。まあ、全て妄想なんですけど。
 
 
M5.We are always happy!
作詞:愛野益巳 作曲、編曲:正垣和則
「All right! We are always happy!」
この曲はいろいろな意味が隠されていて、というか表面上にも出てきている、本当のところは。だけどとりあえずパーッと楽しもうぜくらいの気持ちで私は聴いていたい。はじめのドラムソロのわくわく感とか後半にみんなで歌うところとか、間違いなく盛り上がる曲なんですよ。みんなで歌うところの歌詞は、イエハピの現場にいたら「アーユーハッピー?」って聞かれたら「イェスハッピー!」って答えたい。そういうこと。
あとは音源のさやちゃんの「いなくなんで yeah」の肩を回している感
 
 
M6.Dance with me
作詞:こころ 作曲、編曲:中垣沢正
「ガラスの靴じゃ踊れない」
このタイトルでジャズ。天才しか参加していないなこのアルバム……。イエハピの持つ特別な歌声とジャズの親和性の高さをこれから唱えていきたい所存です。それぐらいぴったり。「ガラスの靴じゃ踊れない」の歌詞がここちゃんの歌割というところにたまらないものがある。夢を見ていたいけど現実も知っている少し大人のお姫様みたいな。あとはとにかくおしゃれなバックの音と、ところどころ韻の踏まれた歌詞、間奏のピアノソロ(突然好きなポイントを列挙)。アルバム収録曲の中で1、2を争うくらい好きな曲です。インストがほしい。
 
 
M7.last summer
作詞:さやか 作曲、編曲:藤村佑樹(waybee)
「僕は今も思ったまま 明日を歩き出す」
ダーリンは重いけど明るい曲でこの曲は暗くて重い曲。去年の夏、夏の終わり。まあそういうことです。曲の序盤はとにかく重くて、「気持ちだけ取り残されたままで 季節が行く」とあの夏に取り残されてしまっていたけど最後にようやく「明日を歩き出す」に転換される。あの日を想いながら、そして少しの切なさを感じながら、それでもなんとかして前に進み出す。イエハピの声がまた切なくて良い。サビでさやちゃんがメインを歌ってここちゃんが下ハモっていうのが最高です。
歌詞でも小説でもなんでも最初の一文が大事だと思っているので、「滲んだ空がひどく重くて」という情景が目に浮かんで尚且つ世界に一気に引き込まれるlast summerの歌い出しが好き。さやちゃんにちょっと小説的なお話も書いてほしい。
 
 
M8.Good Bye My Friend
作詞:さやか 作曲、編曲:正垣和則
「あなたの未来想っています」
このアルバムの中で一番好き。なんていうか、さやちゃんが愛の人だというのがいちばん分かる曲だと思います。この1年くらいの間に、関西からも何人ものアイドルが卒業していきました。その中にはさやちゃんととても仲の良かった子もいて、そうして旅立っていった子たちのために贈られた曲。
 
あなたの未来想っています
選んだ先 輝け照らせと この場所でずっと
 
いつか書いたけど、本当にさやちゃんの言葉はまっすぐでやさしい。それから「この場所で」というのはおそらくステージの上もしくはアイドルとしてという意味があるんじゃないかと思っているんですけど、イエハピがまだまだ叶えたい夢のためにここで頑張っていくよという話をいつもしてくれるのが大好きです。
 
 
M9.今日という日
作詞:愛野益巳 作曲、編曲:正垣和則
「忘れないように 手紙を書くよ こんな時代だからこそ」
last summerからGood Bye My Friend、そして今日という日とアルバムの最後は別れの歌が続きます。毎日というのは今日の繰り返しで、何もない日も多いし良いことばっかりじゃなくて悲しい別れもある。それでもいつかは前を見て進んでいかないといけない。さやちゃんとここちゃんの優しい歌声が涙腺にきます。
指先ひとつで言葉を伝えられるような時代だからこそ、あえて手間のかかるような手紙を書くということでキモチが伝わるんじゃないかと。みんな、手紙を書こう。
 
 
以上!最後のほうよく分からなくなってきましたが「Last Summer」は最高に最高です、よろしくお願いします!
 
 

今更ですがアイドルネッサンスの「君の知らない物語」MVが素晴らしいという話をします

「2016年6月26日、1ヶ月後に地球に巨大な彗星が衝突することが発表された。」

f:id:ichigodamasii:20171022090630j:image

このMVは石野さんのそんなナレーションからはじまります。彗星衝突の発表を受け、その日行われていた「君の知らない物語」のミュージックビデオ撮影は中止になりアイドルネッサンスも活動休止を余儀なくされました。それから1ヶ月後。

f:id:ichigodamasii:20171022091107j:image

「このMVを最後にみんなで完成させたい」
彗星が衝突する日、新井さんがミュージックビデオをみんなで撮りたいとメンバーを集めるところからストーリーは展開していきます。あの日完成させることができなかったMVをみんなで撮ること、これが「最後」だということ。……エモいですよね。(語彙)

 

こういうあらすじ。ここからは私が好きなポイントを上げていきます。

 

・大きいリュックを背負っている新井さん

f:id:ichigodamasii:20171022090645j:image

いきなり性癖。体からはみ出るくらい大きいリュック背負ってる女の子にグッとくる。これでは見えないけど左手にカメラを持っているというのも好き。

 

・新井さんの提案に乗るこよちゃんと茉凜ちゃん

f:id:ichigodamasii:20171022090650j:imagef:id:ichigodamasii:20171022090655j:image

こよちゃんがいちばんに賛成してみんなの方を見ると茉凜ちゃんが立ち上がって拳を手のひらに叩きつけてそれを見たこよちゃんが笑うというももみや*1。同級生尊い

 

・どっかーん

f:id:ichigodamasii:20171022090706j:image

円陣がかわいいでお馴染みアイドルネッサンス。MVにおきまりの円陣を入れてくれたというのがすごくいいなと思ったし、このどっかーんのあとサビに入るところも好き。

 

・「iPhoneから音源を流す係」のなっこちゃん

f:id:ichigodamasii:20171022090711j:image

ひとりだけ座ってるというところがもうかわいい。なっこちゃん何をしていてもかわいいなほんとに…。という突然の推し贔屓。監督がなっこちゃんにこの役割を与えた理由までセットでかわいいです。

twitter.com

 

・ゆめかちゃんのソロパートを見る珠々華ちゃん

f:id:ichigodamasii:20171022090719j:image

すずゆめすずゆめ!時間だよ!すずゆめの時間だよ〜〜〜〜!!!!!珠々華ちゃんがにこにこしながらゆめかちゃんを見つめている優しい世界。すずゆめちゃんはジャスティス。(言いたいだけ)

 

・「バカヤロー!」

f:id:ichigodamasii:20171022090703j:image

石野さんが「ほんとはずっとアイドルネッサンスのみんなと活動したかった」と言って「全部あれ(彗星)が悪いんだ!」と空を指差すと、こよちゃんが前に出てきてバカヤローと叫びます。ここでも率先して行動を起こすこよちゃん(好き)。そのあとにみんなが続いて同じように叫ぶのがあまりにエモーショナルで、アイドルネッサンスにハマるずっと前の全員の名前も知らない頃にはじめてMVを見た日にはここで泣きました。私のいちばん好きなシーン。ほんとうに青春という言葉が似合う8人です。あと南端さんの叫ぶときの角度が良い。

 

・セーラー服に投影される映像

f:id:ichigodamasii:20171022090727j:image

実際のどっかーんの映像がメンバーに投影されるところ。泣かせにきてる泣かせにきてるぅ!!!!このあとはアイドルネッサンスの活動を再開しよう…。ここからどんどん曲も映像も盛り上がっていって最後のサビに入るんですけど、そのサビの全員のユニゾンが綺麗なのにどこか切ないのがたまりません。思春期の叶わない片想いの歌をうたうのにぴったりの歌声。私はとにかくこの8人のユニゾンが好きです。

 

・名前のクレジット

f:id:ichigodamasii:20171022090732j:image

私がアイドルネッサンスのCDを集めようと思ったきっかけが「裏に全員の名前と年齢が書いてあること」だったので、名前が並んでいるのを見るだけできゅんとなります。漢字4文字が4人、5文字が2人、5文字で名前ひらがなが2人、というバランスの良さ。この文字の並びをずっと見ていたい。

 

・ストーリー性

みんなでMVを完成させようという提案は「今夜星を見に行こう」という歌詞に対応しているんじゃないかなと思います。もしかしたら彗星もその星からきているのかもしれない。歌詞の「好きだったけど恋は叶わなかった」という物語は、MVでは「みんなで活動を続けていたかったけど休止しなければいけなかった」という物語になって、どうにもならない切なさがリンクする。恋のことを歌っているはずなのにMVを見ていると最後のサビに向かっていくところで「もっとみんなと歌いたかった」というメンバーの気持ちが溢れてくるようで、歌詞の内容をそのままなぞるわけじゃないのにストーリーが重なるというところがたまらないのでアイドルネッサンス主演で映画化してほしいです!!

 

というわけで以上。最後にこちらをどうぞ!

 

youtu.be

 

P.S.アイドルネッサンスのセンス溢れるMVが大好きなので全部まとめて円盤にして売ってほしい。言い値で買います。

*1:百岡古宵宮本茉凜の苗字から取ったコンビ名

#Lovelysはいいぞ

ハロコン娘。コンでLovelysを見たことをツイートして宮崎さんと八木さんの「いいね」に捕まって更に2人が気になったそこのあなたにおすすめしたい!!

Lovelysはいいぞ!!

というテーマでお届け。とにかく宮崎梨緒ちゃんと八木沙季ちゃんを褒めまくります。布教というよりはそれがメインです。

 

f:id:ichigodamasii:20171009121950j:plain

Lovelys(ラブリーズ
アップフロントグループ関西所属
宮崎梨緒(左)八木沙季(右)からなる2人組アイドル
・キャッチコピーは「おちゃめでラブリーな凸凹ユニット」←かわいい

いきなり主観が入ってしまうほどかわいいキャッチコピーです!!
ここからメンバーのプロフィールと個人的に好きなポイントを紹介。

 

宮崎 梨緒(りーたん)

f:id:ichigodamasii:20171009122029j:plain

メンバーカラー:ピンク
1994年8月26日生まれ(23歳)
大阪府出身 A型

リーダー(年下の先輩)。かわいい外見に似合わず関西人らしいキレのあるツッコミをする梨緒ちゃんはとにかくしっかりしているねぇね。ブログの最後には大体いつも「明日も頑張ってね」と書いてくれるし、オリジナル曲「OH YEAH」のコール&レスポンスの最後に「よくできました」と褒めてくれるところが最高なので是非梨緒ちゃんに褒められに来てほしい(?)。でも年上からは甘やかされていて、ほかのアイドルさんに「推し」だの「嫁にしたい」だの「宝物」だの言われている梨緒ちゃんの人気はとどまるところを知りません。


八木沙季(さきぴょん)

f:id:ichigodamasii:20171009122057j:plain

メンバーカラー:水色
1993年5月31日生まれ(24歳)
兵庫県出身 A型

飛び道具担当(年上の後輩)。いつも右肩に乗っているのはお友達の「うぱぎ」。黙っていればかわいいお姉さんなのに中身は5才児。梨緒ちゃんにも「うちの弟(3才)と同じくらい」とよく言われている。クリスマスには今でもサンタさんが家に来る。それくらいピュアで小さい頃からそのまままっすぐに育ったいい子。肩に乗せているうぱぎやその他いろいろなことのせいで変な子だと思われがちだけど実は真面目で負けず嫌い。手先が器用で映像編集が得意。ブログを3年以上毎日欠かさずに更新しているマメさには感服です。

 

うぱぎ
メンバーカラー:黄緑
6月11日生まれ(2017年現在24さい)
ウーパールーパーとうさぎの子ども。大家族で、衣装ごとに沙季ちゃんの肩に乗せてもらえる子が違います。

twitter.com

 

ここからは2人のアピールポイントを書くよ!


①キレキレのダンス
歌もしっかり歌えるんだけど、何より私がおすすめしたいのはダンスの上手さ。少しタイプの違うダンスというところもまた良い。「おちゃめでラブリー」と言われているのに踊ると途端に表情が変わってかっこよくなるのがずるい。オタクなのでそういうギャップにはとても弱いです……まあ百聞は一見にしかずなのでまずはこれを。

youtu.be

このバックダンサーをしているのが梨緒ちゃんと沙季ちゃん。もしなぜLovelys!!!!なのか疑問に思われた方がいましたらWikipediaで調べてください(web任せ)

 

ハロプロカバーの選曲
なんせ2人はハロヲタ。オタクがイントロで高まる曲をしっかり選んでくるところが流石としか言いようがない。大体の曲が3人以上のグループで歌われている曲なのに、しっかり2人の曲として仕上げてくるところが凄いんですよ。そんなハロプロカバーもたくさん聴ける毎月の定期ライブ、LFPことLovely Friend Party!ぜひお越しください!!!!

 

突然語彙を失った。いやでも聞いて、Lovelysちゃんってめちゃくちゃ尊いんですよ。まずは事務所入った順でいうと先輩後輩だけどアイドル8年目の同期、ずっとソロ、沙季ちゃん風に言うとピンでやってきたお互いにとってはじめての「相方」、10cm以上の身長差、ねぇねと5才児。凸凹だけど気が合うふたりはまさに磁石のN極とS極、オリジナルアルバムのカバー曲に「ふたりはNS」をチョイスしてくれた天才に金百封くらいあげて破産したい。私の横にはいつも君、君の横にはそういつも私……

f:id:ichigodamasii:20171009122154j:plain

梨緒ちゃんの横にはいつも沙季ちゃんがいて、沙季ちゃんの横にはいつも梨緒ちゃんがいてほしい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜りおさきちゃん世界一尊いよ;;;;;;

 

取り乱しました。とにかくそんな素敵な2人組。話せば漫才、歌えば声の相性抜群、踊れば無敵。なんだかんだどっちも赤ちゃんなLovelys、どうぞよろしくお願いします!!

 

tower.jp

広告を非表示にする