読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいが正義

うぱぎになりたいです

Yes Happy Day!!!

2016/02/17
Yes Happy! Aniversary Live @ OSAKA MUSE レポ


一言で表すなら「幸せだった!」
楽しかったとかすごかったとか、そういうライブは何度もたくさんあるけど「幸せ」だと感じるようなライブって今までほとんど経験したことなかったんじゃないかな。うまく言えないけど、とにかく幸せだったんです。「Yes Happy!」ってほんと素敵な名前だなぁ。


というわけで。ここからふりかえっていきますよ!


オープニング映像はさやちゃんがTwitterに上げていた磁石にのせてイエハピの写真やら動画が流される告知動画でした。

twitter.com


これ。(最後のほうがちょっと変わってた)

この時点ですでにぐっとくる私。磁石めっちゃ好きなんですよ。曲の話をするとあとで出てきたときに書くことなくなっちゃうんであれですけど、「手繋いだら走ろう 行けるよ」ってところがめっちゃいい。見ている間にステージには二人の姿が。流れてきたのは『アニバーサリー』でした。いっしょに過ごす3回目の記念日、特別な日です。これもめっちゃ良い曲だから最初からさやちゃん泣いちゃうんじゃないかなぁとか思ったり…。ふたりともとびっきり良い笑顔で歌ってました。間奏ではゲストのリオサキが登場します。もうよくわからないけどそこでも私はじーんとなる。4人で歌ってるのを見るのが好き。途中でさやちゃんがりーたんさんに向かってすごい良い笑顔で何かを言っていて、あとのMCで「幸せ!」って言ってたというのが明かされました。曲中でもステージ上でもどうしても伝えたかったんだろうなぁ。私も幸せでしたよさやちゃん。という感じで1曲目からにやにやが止まらないヲタク。あとのMCで泣かないからね!と宣言するさやちゃん。さていつまでこらえられるのか、みたいな感じに。

MCあけて1曲目は、久しぶりと言っていた『Yes Happy Day!!!』。キーが高くて難しいんですって。ライブで見るのは初めてでしたが振りつけが可愛かったしわかりやすかった。歌詞も好きだな。この曲から磁石につながるような歌詞があってじっくり聴くと泣いちゃいそうになる。最後曲つなぎのためにいつもと違う振りにしていたせいで間違えちゃって照れ笑いしながら手をおろすここちゃん。めっちゃかわいい。そのあとは『汗かけナイスガイ』。YouTubeに上がってるから聴いておかなきゃなあと思ったのに聴き忘れたのが悔しい。でもノリノリで楽しい曲でした。大阪MUSEに「定時ダッシュで駆けつけ」たジャパニーズビジネスマンたちに「まだまだ水曜日」でも「明日のことなんかいいから とりあえず今は楽しめよ」ってすごいぴったりだなぁ。素敵な応援歌です。三三七拍子もここちゃんの「ご苦労」も、最後のお礼もなんかいいなって思いました。「明日やろうはバカ野郎」。心に刻もう。

MCでは呼ばれてないのに出てくる沙季ちゃん。押してたせいだと思うけど、まだですかって引っこんじゃうところまで可愛い。昔MUSEで対バンしたときに(そのときはまだ他のグループかソロ)入口のところで見てたっていうエピソードが良かったです。今や同じグループでこんな扱いされてるなんて、とぼやくさやちゃんかわいい。沙季ちゃんのソロは「イエハピさーん!」というセリフからはじまりました。加入時のライブで歌った思い出の曲、『好きな先輩』です。「先輩」って歌詞を「いえはぴ!」に替えて歌ってたのめちゃくちゃかわいかった。(リハでは普通に「先輩」って歌ってたらしいのもサプライズ感じて好き)ちょっとはまりきらないのが面白い。そしてこの曲めちゃくちゃ沙季ちゃんの声に合うんですよ。最後の「がんばります先輩!」は「おめでとうございます、イエハピさん!」だったかな。最後までずっとかわいいんだ。にやにやした。沙季ちゃんを見ているときは世界でいちばん優しい顔をしている自信がある。気持ち悪いの間違いです。とにかく顔面溶けるかと思った。それからイエハピさんも出てきてMC。リハのときにさやちゃんが「不覚にもきゅんとしたわ~」って言ってたのもサヤサキいいなあって感じがしました。素直じゃないさやちゃん。ここちゃんは普通に溺愛してました。

ここからは島根コーナー。『雨の城下町』です。哀愁漂う歌謡曲チックなこの曲がふたりの声に合うんですよ。表情もめちゃくちゃいい。さやちゃんの伏し目がちな憂いを帯びた表情がめちゃくちゃ好きだし、ここちゃんのいつものにこにこ笑顔とは違った真顔も好きです。手を合わせるフリも良い。この曲には島根の恋愛のパワースポットがたくさん出てくるからそこを巡ってほしいというMCがあったのでぜひ行ってみたいです。もちろん、イエハピに連れていってもらう気満々です。次はしっとりと『相逢傘』。イエハピさんめっちゃ歌声が良いなあってあらためて思いました。歌い出しのここちゃんのソロの声の優しさと、落ちサビのさやちゃんの「沈む夕日に想いをひとつこめて あの町に届けたい」の「あ」の高音が好きです。なんともマニアック。余談ですが、島根県松江市観光協会のホームページには「松江の雨は縁(えにし)を運ぶ」とあります。そこから雨の城下町や相逢傘がきていると知ったときにはとてもときめきました。そういう仕掛け大好き。

MCでは沙季ちゃんと同様にさっさと出てくるりーたんさん。一昨年の春にイエハピの2ndシングルとりーたんさんの1stシングルを出したのがミューズだったそうで、ふたりがリクエストしたのがその1stシングルに収録されている『チューリップ』でした。もうめっちゃ好き!りーたんさんすごい声が可愛いからかわいらしい曲がぴったりなんですよ。「思いよ届けflower」のところの振り付けが好きです。さっきからピンポイント。「あなたの心」を「さやかの(と?)こころ」に替えてたのもまたかわいい。外は寒くても会場には春がきていました。イエハピとりーたんさんの関係もすごく素敵なんですよ。物販で売っていた3人の写真にりーたんさんが文字を書いたものがあって、そこに書かれていた言葉が「ふたりの可愛いりーたんより」ですからね。かわいすぎてずるい。イエハピが沙季ちゃんやりーたんさんを可愛がってるのが好きなんだな。

そして沙季ちゃんが戻ってきて4人のMC。沙季ちゃんがめちゃくちゃ真面目にイエハピのことを話してたのすごい良かった。でも記憶が薄れていて思い出せないのが悔しい…。ずっと好きで憧れていたからこうやってイエハピがお祝いの場を持てるのも自分のことみたいに嬉しい、というようなことを熱弁している沙季ちゃんに「一生懸命やなぁと思って」という感想を言うりーたんさんめっちゃ良いなと思いました。

twitter.com

このやりとり素敵すぎる。沙季ちゃんの一生懸命なところが好きなりーたんさん。

そんなリオサキがイエハピふたりのために贈ったのが『いいことある記念の瞬間』でした。選曲抜群にいい。ところどころ替え歌するリオサキのかわいさといったらなかったです。「(リオ)ラブラブなイエハピ」「(サキ)さやかとこころが大好きだよ」だったかな。そんな感じだった。もうめっちゃかわいかった泣 なんだろうな、Lovelys!!!!ってめっちゃいいグループだな…って思ってました。愛に溢れてる。その後のMCで「#イエハピラブラブ」タグにふれて、「今日妖しいなって思ったところがあったらツイッターで呟いてくださいね!」って言うリオサキ楽しそうだしめっちゃ悪ガキ感ありました。かわいい。「タグはイエハピガチ…ガチガチじゃないわ」とりーたんさん。落ち着いて。なんにせよ仲良しなのはいいことなのです。舞台裏でケーキあーんしあってた(とリオサキに明かされる)イエハピさん仲良しでかわいい。

でもそんなに仲良しでもやっぱりお互いを意識するんです。というわけで新曲は『ライバル』(歌詞)。めっちゃよかった!好きでした。ここちゃんが書く歌詞ってなんだかすごい青春感があって爽やかなんです。少年向けのスポーツ漫画の主題歌とかにありそうなまっすぐさ。「スラッと伸びた手足」のところでドヤ顔で自分の足を撫でるここちゃんかわいいし、Bメロで寝坊助さやちゃんの「すべりこみアウト」のところのフリもかわいい。語彙がない。掛け合いで歌っていたりハモりが多いのも(さやちゃんが2番で音程迷子になったくらい)イエハピの歌が好きなので聴き応えがありました。ノリやすい曲なのでこれからもっともっと楽しく仕上がるんじゃないかなあとわくわくしてます。

そして再びリオサキが登場して『Wonder!』。バックダンサーをしてくれるっていうMCからの曲フリですごい高まった。だってもう絶対かっこいいなんてこと見る前から分かるんだもの。これは公式のYouTubeに動画が上がってます。

www.youtube.com

とにかくめちゃくちゃかっこよかった。頭でリズムを取るここちゃんとかさやちゃんのハモりの低音とかりーたんさんのターンとか沙季ちゃんの腕のしなやかな動きとか、好きなところをあげだしたらキリがないし言ってしまえば全部通してみんな好きです。もうほんと目が足りない。またライブでやってくれるのが楽しみです。

そんなテンションのまま休む間もなく『いちばん大事なこと』へ。「ひとりでは無理でも4人だからいけるんだ」とか「こんなに大切な仲間」とか、Lovelys!!!!ってめっちゃいいグループだなってもう何度も思わされてるはずなのに何回でも思うんですよ。めっちゃ好き。それからマネージャーのラブリーさんのお誕生日ということで『スーパーマン』。推し曲。あれ、好きな曲しかない…。ラップのところで沙季ちゃんが「そしてちょっとちゃらんぽらん」っていうところを間違えて早く出てしまってグダグダしてそのあとのりーたんさんが「アカンこら」って心から出てた感じがかわいい。リオサキかわいい。4人最後の曲は『OH YEAH』でした、体力の限界を感じる私。いやいや、でも楽しいんです。沙季ちゃんがぼけてりーたんさんが突っ込むお決まりのパートではりーたんさんがイエハピに向けて「しーっ」と口に人差し指を当てて黙らせて(これがめちゃくちゃかわいかった)、リオサキがにやにやしながら「Yes Happy!、ほんとはね」「(サキ)デキてます! (リオ)ホントです!」って悪ガキ全開の顔してたのめちゃくちゃよかった。リオサキかわいい(2回目)。

リオサキがはけて『natural may good』、通称ナツメグ。たぶんひらパーぶりに聴いたこの曲で念願の「ハイ!」ができてすごい嬉しかったです。間奏のギターソロで出てきた神田大丸高島屋さん*1がさらっとはけてあとのMCでも忘れられてたらしく何も触れられなかったのじわじわくる。ナツメグはメロディーへの歌詞のいれかたが好きだなあっていつも思うんですけどとくに「着席 合掌 いただきます」がめちゃくちゃ好き。最後の「ごちそうさまでした」までがセットなんですけどあれ後ろから見たらすごいだろうなとか思ってました。そんでもって『磁石』です。さっきも書いたように「手繋いだら走ろう 行けるよ!」って、ふたりで手を繋いでならどこでもいけるって歌詞にあるのがめちゃくちゃ好きなんですよ。これがここちゃんからさやちゃんに贈られた歌詞っていうのが良い…。そしてじーんときていたら最後は『君を想う』でついに涙したさやちゃんにもらい泣きしそうになりました。泣いているさやちゃんに優しく微笑むここちゃんに、このふたりだからなんだってできるしどこへでもいけるって思えるんだろうなって。そう思った次第であります。このあたりはまたあとで。

幕が下り、会場では「さやか」「こころ」コールが湧き上がりました。しばらく経つとステージからはベースやギターの音が聴こえて高まる。そして幕が上がって、聴こえてきたイントロは『ひこうきぐも』でした。もう大好き!バンド引き連れてるイエハピのかっこよさといったらもう…。ふたりしてくるくる回って楽しそうに歌ってるの見たらなぜだか泣きそうになりました。大好きな「好きだ 好きだ そんなの分かってる」のところも最高によかったな。もうめっちゃ好きだ!好きだ!って感じ。機会があればまた生バンドでやってほしい。そして2曲目は『マドンナソング』でした。期待してたから嬉しかったな。最高でした、「俺らのマドンナ」!間奏のセリフパートはバンドメンバー紹介で、ソロ回していくのかっこよくてきゅんとしました。そして私たちはー?で「Yes Happy!」って答えて、そしてお決まりのあのセリフ。「あたしのことどう思ってるんだい?」ひざまずくヲタクたち。答えはもちろん「愛してるぜー!」そして。止まる音楽。ここでさやちゃんが一人語りをして、ひざまずいたまま聞きました。さやちゃんは前しか見てなかった。「4周年、5周年、10周年」そんな未来をぜんぜん遠いなんて思ってないみたいに。かっこよかったなぁ。これからどんな景色を見せてくれるんだろう、どこまで連れていってくれるんだろう、って。未来は無限だ。最後はふたりが並んでマイクなしで「愛してるぜー!」と叫んでくれました。

そしてほんとにほんとに最後の曲。リオサキも交えて『Ne!』。「わがままを言うならついてきてね」って、さっきのMCからのその歌詞ですよ。どこまでもついていかせてほしい。4人がわきゃわきゃ楽しそうに目を合わせて歌ってるだけでもう幸せな気持ちになっちゃうんだもんなぁ。途中でここちゃんが「Are you happy?」と聞いて客席にマイクを向けます。答えはもちろんひとつ。「Yes Happy!」しあわせだ。しあわせでした、ほんとに。

私がイエハピやLovelys!!!!を好きになったのは昨年の9月末のことで、3年の歴史から見れば5分の1にも満たないですけどそれでもこんなに好きになっちゃったんですよ。叶うことなら時間を巻き戻してもっと早く好きになりたかったくらい。でもまだまだこれから。さやちゃんがいつまでも続けたいって言ってくれたから、ヲタクはそれについていくだけです。
ずっと4人で走り続けてくれたらいいな。その先には明るくて楽しい未来が待っていることを願って!

以上。とっても幸せな一日でした。いぇすはっぴー!

*1:ナツメグのMVの主演男優。大阪MUSEのスタッフ。

広告を非表示にする