読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわいいが正義

うぱぎになりたいです

くまさんとりんちゃん

にゃんこフェスに行きました。昨年の6月ぶりの京都メトロ。京阪の神宮丸太町駅の改札から地上への出口の間にそのライブハウスはあるので、開場待ちで階段に並んでいるときに通り過ぎる一般の人たちのなんだなんだ?という目が痛い。この人たちは地上の美しい桜を愛でるためにこの駅で降りたのだろうなと思うと(もちろんそれだけではない)なぜかすこし切ないような気持ちになりました。いやいいんだ、これがわたしの人生…………。

本題。我儘ラキアには前から興味がありました。はじめて動いている星熊さん(正確にはDJねこざむらい)を見たのがDJねこさんとのトークイベントの生配信で、昨年の暮れに亡くなってしまった愛猫の話をしていたときに不謹慎な話だけれど、彼女の発する言葉がとても好きだなと思ったのがはじまり。そこからねこさんとの対談の動画を見て、前々から言っているとおり私は相谷さん(ねこさん)の話す言葉が好きなんですけどねこざむらいさんもかなり芯の通った素敵なひとだなと思いました。なんせ話すことがかっこいいひとが好きだから好きだよね。※別人という設定を無視してスミマセン。
そしてそこから我儘ラキアの公式YouTubeに飛んで『ゼッタイカクメイ』を聴いて、それがあまりにも好みすぎて見事に転げ落ちました。アイドルの歌うロックってなんか倍増してかっこよくないですか?

 

youtu.be

 

公式ホームページでは全曲フルで聴けます。私は『there is surely tomorrow』が好き。

冒頭に戻ります。ねこさんのDJコーナーで癒されて最後の六甲おろしで笑っていたらステージの上に我儘ラキアの2人が。一曲目が行きしの電車でも聴いていたthere is surely tomorrowでテンションがブチ上がって手上げながら楽しんでたけど、海羽さんが前に来たときに気づいてしまった。

あれ……、凜ちゃんのお顔めちゃくちゃ好きじゃない?​

ってね。凜ちゃんのポニーテールがほんとにかわいかった、そしてシンプルに好きなお顔でたまげた。きみが明日の光だよ!みたいな気持ちになりましたね。
そのあとゼッタイカクメイのイントロ流れて、大好きすぎてガッツポーズしそうになったけどなんか妙に恥ずかしくなって肩くらいまで拳を上げてからゆっくり下げたり星熊さんの煽りのかっこよさにキュンとしたりMy life is only onceのときのふたりの言葉に泣かされそうになったり。「明日からも一緒に頑張りましょう」って言ってくれた星熊さんの言葉が社会人の心にひどく響きました。ふたりは思っていたよりもずっとまっすぐで熱くてかっこよかったです。もうちょっと頑張って生きてみようかなと思いました、すぐグッときちゃうんだから。

でまあ、そんなこんなで凜ちゃん凜ちゃんしてたけどミラスカが出てきた瞬間に相谷さん……!!ってなりました。ヲタクそういうところある。特典会ではミラスカとハイタッチをし、相谷さんの個別に並び、凜ちゃんとチェキを撮って、最後にねこさんとねこざむらいさんとチェキを撮った。そんな楽しい1日でした。今週も頑張ろうな!