かわいいが正義

いつまで経っても思春期

愛は屋烏に及ぶ、ということ

最近は、毎週録画している「ザ・少年倶楽部*1」に出ている綺麗な男の子たちを観て目の保養をしています。とくに永瀬廉くんが好きです。

でも八木沙季ちゃんのほうがもーーーっと好きです!!!!!!!!(言いたいだけです)

それでまあなんでこの話をしたかというと、件の番組中に「教えてケンティーのI LOVE講座」というSexyZoneの中島健人さんが素敵な面白いコーナーがありまして、そこでケンティー先生が紹介していた「愛、屋烏に及ぶ」ということわざにガチ恋心をひどく擽られたからです。前置きが長いね!

『愛、屋烏に及ぶ』

人を激しくまた真剣に愛すると、その愛する人が住んでいる家の屋根に留まっている烏をも愛するようになる。つまり、愛する相手自身だけでなくその人に関係するすべてのものに愛情を注ぐようになること。

http://www.seiku.net/kotowaza/03_02.html

わかるわかる。わたしなんかもう沙季ちゃんの肩に乗っているうぱぎすら愛おしくて仕方ないもんね。

f:id:ichigodamasii:20170425182423j:image

 

これはたぶんじなん。下向いちゃってるのもかわいいね〜〜〜〜でも沙季ちゃんのほうがかわいいね〜〜〜〜!!
という話がしたかっただけのことです。いつも内容なんてないけど今日はとくにないよう…………はい。

大阪は遠いなあ。まだまだ降りられない電車に揺られて心斎橋を目指します。
いつからか好きなライブハウスがOSAKA RUIDOになったのはきっと、沙季ちゃんへの愛ゆえなのだろうなと思いながら。

*1:ジャニーズJr.がレギュラー出演しているBSプレミアムの音楽番組