かわいいが正義

いつまで経っても思春期

ぶちかませダンクシュート


今年の夏、最高に恋させてくれるガチ恋ソングがついに発売されましたね!

 

 

ホップステップLOVE

ホップステップLOVE

 

安心と信頼のONIGAWARA狂ったように「恋はすいみん不足」と「ボーイフレンドになりたいっ!」を延々聴いて八木沙季ちゃんへの恋心を募らせた昨年の夏の終わり……歌詞とメロディーと歌声(要するに全部です)が最高に恋させてくれるので恋している人みんなに聴いてほしい。それぐらい好き。

そして本題。5月26日の大阪MUSEでのライブでこの曲が初披露されて、歌い出しのフレーズを聴いた瞬間にピンときました。これは絶対に最高のガチ恋ソングだな、って。

 

窓際の1番後ろのあの子に
言えない秘密を僕は持っているのさ
君がグラウンドを見ている間に
その横顔を僕はいつも見ている
ホップステップLOVE ONIGAWARA 歌詞情報 - 歌ネットモバイル

 

あまりにも感情移入が出来すぎるから、この主人公は私がよく妄想に登場させる同じクラスの八木沙季ちゃんに恋している17歳の男の子なのでは……?みたいな気持ちになってしまった。彼は絶対に八木さんが見える範囲の席に座っていたらもう授業なんてちっとも頭に入らないよ、なんて考えてたら窓際の1番後ろの八木さんに恋する妄想を早くしたいという衝動に駆られたのでこうしてブログを書いています。私がただ書いて満足したいだけなのでここから下は自己責任で読んでください、相変わらずの気持ち悪さだよ!!!


窓際の1番後ろの席。僕はいつもあの子の横顔を見ている。まっすぐに伸ばされた黒髪、透き通るような白い肌、しわひとつないカッターシャツ。どこをとっても完璧だ。ーー八木さんは、このクラスでいちばんかわいい。
好きになったきっかけは単純で、授業中にたまたま八木さんのほうを見たらグラウンドを眺めながらなぜかにこにこしていて、その横顔がかわいいと思った。ただそれだけのことで僕はうっかり恋をしてしまった。もしかしたらグラウンドにいたのは好きな男の子かもしれないのに。それでも、どうしようもなく僕は。


唐突に終わる。そして続かない。クラスでいちばんかわいい八木さんに恋をしたかったな〜という妄想でした。僕は八木さんとまともに話せないまま卒業式を迎えて、最後の最後ブザービートのごとくスーパーシュートを決めてくれると思います(?)

というわけで、今年の夏はひたすら「ホップステップLOVE」を聴いて好きな女の子(八木沙季ちゃんのことです)に会いに行こうと思います!以上!