かわいいが正義

いつまで経っても思春期

キラキラのご縁とカツオのたたき

人と人との出会いは「ご縁」でできている。

だからたぶん、オタクとアイドルもそうなんだと思う。

推しを見つけるたびにその子を前から好きでいる人のことを羨ましがって、もっと早く好きになりたかったとないものねだりをしてしまうけれど、ちょうどそのタイミングで「ご縁」に恵まれたからこそ好きなれたんじゃないかって。


たとえば。私が川村文乃ちゃんのオタクをはじめたのは、しばらくハロプロから離れていたときにLovelysのオープニングアクト見たさにハロコンに入ったのがきっかけでした。そんなこんなで文乃ちゃんの魅力にとりつかれて気がついたら一年、高知の凱旋公演にまで行ってしまった。今回はそういうお話。初めて行った推しメンの凱旋ライブがめちゃくちゃ楽しかったことと、高知は美味しいものがたくさんあってみんな優しくて素敵な街だったこと。を、書いていきたい。

 

12:30  高知駅到着

f:id:ichigodamasii:20190311212423j:image

この時点で家を出てから5時間以上が経過しており、在来線と新幹線と特急を乗り継いできた私の体はまだ何も始まってないというのにもうボロボロ。某旅行会社の格安パックで一番早く着く時間がこの電車だったので、川村さんの日替わりを買えなかったことだけが心残りとなりましたね…まあでも結構な数の人が買えてなさそうな感じもあったからせめて凱旋公演のときぐらいは普段以上に用意しておいてよ~アップフロントさん~!!


高知城

f:id:ichigodamasii:20190311211906j:image

高知市内を見渡せる高知城

アイスを食べてハトと仲良くなるのが

川村流の楽しみ方☆

 

☆高知観光案内☆川村文乃 | アンジュルム メンバー オフィシャルブログ Powered by Ameba

まずこのブログがすごいはりまや橋をはりやま橋と書いてしまっているのはご愛嬌。2019年このブログ記事がすごい!大賞に決まりましたおめでとうございます(まだ3月)。そんな冗談はさておき文乃ちゃんって本当にマメだなーと思うんですよ。自慢の推しです。えへへ。


最近はライブハウスで1時間半ライブを見るだけで悲鳴を上げる足腰に鞭を打って長い長い階段を登ったらアイスクリン屋さんがあり、f:id:ichigodamasii:20190311211910j:image

あー文乃ちゃんが買うのはここかなぁなんて思いながら見て、お腹いっぱいだったから1回スルーしたけど結局は少し下のお店で買いました。
f:id:ichigodamasii:20190311212416j:image

3段で200円。好きなの3つ選んでいいよーと言われたのでゆずといちごとバニラを選択。ハトとは仲良くなれなかったけど、小さい子に羨ましそうな目で見られてちょっと肩身が狭くなった。ごめんな…大人になったら自分で買って食べるんだぞ…。


ひろめ市場

f:id:ichigodamasii:20190311212058j:image

味のある看板。福がやってきそうな招き猫の表情が良い。中は昼間からお酒を煽る大人たちで賑わっていて少し薄暗くてそこだけずっと夜みたいでした。文旦サワーの文字に惹かれたけどお酒弱いので少しでも飲んでしまったらライブハウスに入れてもらえないと思って泣く泣く諦めました。そして夜にリベンジするぞ!と意気込んだものの人が多すぎて断念。そりゃ土曜日の夜だからみんなお酒飲みたいよなぁ。次に高知に行く機会があれば絶対にひろめ市場で文旦サワーを飲む。

余談ですが、どこかのお店のお兄さんが着ていた「高知家」のTシャツが可愛すぎて駅で見つけて即買いしました。高知のキーケースも買ったから高知のヲタクみたいになりました。まあ、好きなのは高知というか文乃ちゃんなんですけど…はい…言いたいだけです。

 


桂浜

f:id:ichigodamasii:20190311212032j:image

とりあえず観光の話がしたいので翌日に行った桂浜の話。天候は生憎の雨、穏やかなはずの海は大荒れ。そんなことある~?って言いながら必死にとった写真です。愛機のEOS Kissもびしょびしょに。

f:id:ichigodamasii:20190311212419j:image
f:id:ichigodamasii:20190311212152j:image

雨にくじけつつもちゃんと聖地(?)も巡礼。「かむ」って響き、かわいいですよね。あとは後ろ姿がちょっと哀愁漂っていてかわいいペンギンのみやおくん。好きなアイドルを見ている時の私の後ろ姿もだいたいこんな感じだと思います。え?ペンギンみたいに可愛くないって?それはそう。桂浜水族館はそんなに大きくないけど展示がユニークで面白くて、ポエムとかも書いてあってシンパシーを感じました。事務所は「アジト」で売店は「最終課金エリア」だったのでちょっと勇者になった気分でしたね。…勇者とは。

 

ライブ

で。今回の旅の1番の目的は推しの初めての凱旋ライブ。そしてどうでもいいけど私にとっても初めての「推しの凱旋ライブ」でした。ツアーの日程が発表されてすぐに行くぞ!って勢いで決めて会社のまあまあ大事な行事を蹴ってギリギリ当たった夜公演のチケットを握り締めて向かった高知。

ここでちょっとだけ夜公演が始まる前に友人の付き添いで入った酒屋さんの店主のおばあちゃんの話を。高知いいところですよねえなんて世間話をしたあと、お会計のときに突然「はい。これ、ご縁がありますように」と綺麗な5円玉を2枚くれました。キラキラしているのがちょうど2枚あったからって。そのときに私は感動してもうあなたに出会えたことがもう素敵なご縁ですと言ったけど、そこでもうひとつ思ったことがあって。それが文乃ちゃんに会えたことも縁だなぁということでした。そして冒頭のポエムに戻る。

アイドルにとってのオタクはいくらでもいるけど、オタクにとってアイドルはたくさんいる中から選んだたったひとりの女の子なんですよ。つまり何が言いたいかというと私は文乃ちゃんを好きになれてめちゃくちゃ嬉しいってこと。話が逸れているような気もするけどまあそういうことです。文乃ちゃん大好き!(勢いで押し切るタイプ)


1曲めの大器晩成から高知でライブができるのがほんとうに嬉しいんだろうなって思うような文乃ちゃんの笑顔に私の顔も自然と緩む。臥薪嘗胆のソロパートはとにかく声がめちゃくちゃ可愛い。糸島Distanceの「許してあげる」のパートは最高でしたね、その曲から忘れてあげるの流れで見せた大人っぽい表情にドキドキしちゃったな。推しメンを赤ちゃんにしがちなのでいつもあやのちゃんはばぶちゃんやな~とか言っているのを反省しました。まあ…ばぶなんですけど…。

そして君フレ。ああそうだこの曲で文乃ちゃんのことを好きになったんだと考えるエモがり屋さんこと私。もうちょっと曲に集中したほうがいい。

ほかの感想として基本的には川村文乃ちゃん推し定点カメラなので文乃ちゃん可愛かったなということぐらいしか記憶に残っていないんですけど、和田さんの肩甲骨がやばかったのと共感詐欺の勝田さんがかっこよかったのと佐々木さんがイケ散らかしていたのと上手く言えないのれいらたんがとにかくばぶかったというのが特記したい事項ですかね。結局ばぶの話かい。


アンコール明けの最後の文乃ちゃんのMC、涙腺にきましたね。高知の大きいホールでライブがしたいと言った文乃ちゃんの目はキラキラしていました。アイドルになりたいと思ったのも高知のおかげ、頑固な自分を作ったのもこの町だと語って。そういう地元愛が素敵で、だから私も高知が好きになりました。

 

いつの間にか
星を見る習慣も飛行機は階段登って乗ることも
路面電車の音と信号のピヨピヨの音も
忘れてて
少し悲しいなと思ったけどこれが変わっていくってことかと。
 
すこし大人になったし、環境がかわった、時代がかわった、生きてる場所も気持ちも変わったたくさん変わってきたけど
だけど変わらないものもあってそれが今の自分なのかなー
知らない間に明るくて元気でおてんばな女の子が当てはまらないまたちょっと違った人になってましたね!
 
私はまだまだやき
小さなことから大きなことまで戦って勝っていきたいと思います!

 

☆輪廻転生 高知☆川村文乃 | アンジュルム メンバー オフィシャルブログ Powered by Ameba


まじめで優しい。負けずぎらいで頑固。

私が見えているのはほんの一部かもしれないけれどそういうところが好きです。

アイドルになってくれてありがとう。文乃ちゃんをアイドルにしてくれた高知にありがとう。あの日文乃ちゃんを好きになれたことをほんとうに幸せに思います。


次に高知に行くときはこの前よりも大きい会場でアンジュルムを見られますように!