まがなすきがな思ってます − #アラビヨ 感想文

演劇女子部『アラビヨーンズナイト』を観に行きました。

 


f:id:ichigodamasii:20201025195912j:image

 

2公演しか観られていないわりにロスがひどすぎて毎日サントラを聴いているのであの夜に帰りたい。今すぐ欲しいものはアラビヨのDVDとBEYOOOOONDSの新譜です。赤い月に願ったら叶いますか…。

 
f:id:ichigodamasii:20201025200002j:image

 

昨年のピューロランドぶりの遠征。品川で乗り換えたときの駅名標にあこがれの「高輪ゲートウェイ駅」が書かれていたことに感動して、新宿に向かう山手線に揺られながら「高輪ゲートウェイ駅ができる頃には」をくり返し聴いていました。そうです、私がCHICA#TETSUのオタクです。

 

高輪ゲートウェイ駅ができる頃には

高輪ゲートウェイ駅ができる頃には

  • CHICA#TETSU
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

  

まあ、そんな話はどうでもよくって。

開演前からアラビアンな曲(たぶん劇中歌のインスト)が流れていて始まる前から最後までわくわくしっぱなしだったアラビヨーンズナイト。こんなご時世だからとずっと迷っていたけど、もし行かなかったら後にDVDで観たときに絶対に後悔していただろうなというほど良い舞台だったので感想を残しておこうと思って。ほぼ日記みたいな自分のための備忘録。2週間も経ったらもう結構忘れてるので若干曖昧なところとか間違っているところがあっても許してください。

 

 

キャスト ★は男役

荒井美鈴/西田汐里

内藤しとね/岡村美波

 

シェヘラザード/山﨑夢羽

★シャハリヤール/前田こころ

ジラ/高瀬くるみ

 

★アラジン/島倉りか

★アリババ/江口紗耶

★シンドバッド/平井美葉

ヌレンナハール姫/一岡伶奈

★マジー(ランプの魔人)/清野桃々姫

アミン(盗賊・他)/里吉うたの

レイラ(音効さん)/小林萌花

ロクサーヌ(大道芸人)/KANA∞

 

 

あらすじ

アラビアンナイトに入り込んだ、現代の女子高生。

アラジンやアリババ、シンドバッドたちと力を合わせ、最高の物語を作り出せ!

煌びやかで、妖しくて、とっても不思議で、最高に楽しい。

それが…… アラビヨーンズナイト!

 

 

○愛の物語 

親友同士の美鈴としとねの友情、ジラからシャハリヤールへの育ての母としての愛情、そしてシェヘラザードとシャハリヤールの恋。この物語は「愛」がテーマだったんだと思います。

美鈴がはじめに書いた脚本を面白いけど「なんか」足りないと言っていたしとねは、1年生の時に初めて脚本を書いたときのように誰かのために(見ているお客さんだけじゃなくて、しとねのためでもあると思う)書いていないから何かが足りない気がしていた。そのことをシャハリヤールも見抜いていて、美鈴は自分のために物語を書いてくれていないから置いていかれているような感じがして面白いと思えなかったんじゃないか、シェヘラザードの話が面白いのは話の内容もあるけど「自分のために」書いてくれていることを無意識のうちに感じていたから美鈴のラブコメを聞いたあとにシェヘラザードが書くように命じたんじゃないか、なんてことを勝手に考えていた。父親には見向きもされず、母親からも愛されず、5人の兄たちに蔑まれ、そのせいでいろいろな人を憎みながらも誰よりも「愛情」に飢えていたんだろうなって。だから気が食わない人をすぐに石に変えてきたシャハリヤールも、口うるさいジラのことは自分のことを大事にしてくれているから石に変えなかったんじゃないか。とか。まあ、1回目に見たときはただただシャハリヤールがシェヘラザードのことを好きだからシェヘラザードに話を書かせたがったんだと思ったけど。(1割ぐらいは間違いじゃないかもしれない)

 

愛を知らなかったシャハリヤールが、愛とは何かを理解するシーンも良かったなぁ。「愛は人を理不尽な行動に駆り立てる」、劇中劇の中で愛していたアリア王子の命を救うために自分が処刑されるかもしれないと分かって魔女だと名乗り出たエリーが、シャハリヤールの心を救うために石にされる危険を冒してまで毎夜毎夜物語を語り続けたシェヘラザードに重なるところ。「美鈴なら絶対良い物語が書ける」と信じて代わりに石にされたしとねもそうですよね。もうなんか後半ずっと内藤しとねに涙腺殴られてたぐらい。あ、それだけ泣けたってことです。「美鈴は”絶対"すごいんです!」って言えてしまうしとねちゃん、女の子たちの友情が美しすぎて回想シーンで「美鈴!」って呼ぶその声だけでもう泣けたもんな。ラブレターはうまく書こうとしたりかっこつけたりせずに、相手のことを思って書くこと。それを教えた美鈴が逆にしとねに思い出させてもらうっていうのがもうさ……現代に戻って書いたレッドムーンは美鈴からしとねへのラブレターになるんですよ、絶対そう。話が逸れました。どちらかと言えばしとねちゃんのことを書きたかった。

 

それから、1公演目を踏まえて観た2公演目のときに、テーマソングの「アラビヨーンズナイト」は脚本の太田さんをはじめとする舞台に関わった全ての裏方の皆さんとBEYOOOOONDSからのラブレターだと気付いたんですよ。

 

どうしてますか?お元気ですか?

あなたの笑う顔が見たくて

日ごと 夜ごとに紡いでいます

なかなか会えずに寂しいけれど 

 

コロナ禍を生きるオタクにめちゃくちゃ刺さる。もしかしたら書き直されたんじゃないかと考えてしまうぐらい、今にぴったりじゃないですか?

もともとハロプロはライブやイベントでステージに立つ機会がとくに多くて私たちオタクの前にもよく出てきてくれていたのが、ある日を境にすべてのライブとイベントが延期・中止になりました。アラビヨーンズナイトも例外ではなく、4月に予定されていた公演は10月に延期。日々を生きるモチベーションだったライブはことごとくなくなってしまって、仕事のストレスは溜まる一方なのに楽しみがなさすぎてLIVE BEYOOOOOND1StのCHICA#TETSUのカズーパフォーマンスを観て泣いた夜もありました。情緒がどうかしていた。でもみんなそういう時期がありましたよね、きっと。

そんな自粛期間中にもメンバーたちはブログを更新してくれていて、そのときにステージに立ちたいという悔しい気持ちだったり、ファンの皆さんに会いたいという寂しい気持ちだったりが書かれていたのがずっと残っていて。だからこそ響くというか、そういう(アイドルからオタクに向けた)意味も込められていたらいいなっていうのを思ってしまう、ほぼ希望なんですけども。

 

あなたの夢を応援したい

まがなすきがな思ってます

 

でも、そのあとに続く歌詞はこちらからのアンサーのような気がする。私がアイドルを好きなのは、なんとなく毎日を生きて仕事をこなすだけで夢を追いかけることもできなくなった自分に夢を見せてくれるからなんです。まがなすきがな、元気でいてほしい夢が叶ってほしい幸せになってほしいなんて考えているオタクにぴったり。いや重いわ。

 

とにもかくにも。まだまだ先の見えないこのコロナ禍に、物語を「書く人から聞く(観る)人へのラブレター」だという舞台が上演されたことに心からありがとうと思います。この時代にアラビヨーンズナイトがあって良かったなあ!

 

 

○BEYOOOOONDS 

締めた感じを出しておいて、ここからひとりひとりの感想。

  

西田汐里ちゃん

上手い、すべてが。最初のほぼ一人芝居みたいなスピーチからソロ歌唱までの全てに圧倒されました。さすがやなぁ…って呆気にとられていた私、たぶん口開いてた。そこだけで荒井美鈴ちゃんがどんな子なのか分かるんですよ。それに声質も最高。自信家でプライドの高い女の子ってイヤな感じになってしまったっておかしくないけど美鈴ちゃんが『ちょっと不器用で、愛らしくてかわいい』魅力的な女の子だったのはにしちゃんが演じたからだろうな。曲によって歌い方も声も違って凄かった。DVD発売の際にはにしちゃんのソロ歌唱曲も全部サントラに収録お願いします。

 

岡村美波ちゃん

この舞台を観てラブ度が急上昇したメンバー。しとねはみいみにしか演じられないんじゃないかと思うほどキャラクターから溢れ出る良い子感。実際メチャクチャ良い子なのでしとねちゃんをフった28人の男子の見る目がなさすぎて心配になるぞ。ちょっと重くなりそうなところもしとねちゃんのおかげで雰囲気が柔らかくなるようなコメディパートを担当していたかと思いきや、美鈴のために熱くなるしとねのシーンで泣いて最終的に「みいみ……………………」しか呟けないオタクとなりました。本当に良かった。

 

山﨑夢羽ちゃん

ゆはちゃんは生まれながらのヒロイン。これは個人的な意見ですけど、ハロプロのグループには絶対にヒロイン気質の子がいてBEYOOOOONDSでいうと私にとってはゆはちゃんなんですよね。歌い出すだけでグッと引き込まれる声をしているし、シェヘラザードが舞台に立っているとメインじゃなくてもつい視線がそっちを向いてしまう。アラビアン・ラプソディのアラジンやシンドバッドのメイン曲のときに物語を語るように身振り手振りをするところが特に好きでした。

 

前田こころちゃん

もうなんか、カッコよすぎませんか?作画が完璧なアニメの主人公みたいな。どうしても眼鏡くんのイメージが強いけどそれをひっくり返す傍若無人な王様っぷり。でもただ悪い王様なわけじゃなくてその裏にある孤独さや寂しさがしっかり見えました。劇中劇のあいだ黙って立っているときでも表情がコロコロ変わるのも良かった〜。とにかくお顔が綺麗。

 

高瀬くるみちゃん

みんな上手だけどやっぱ高瀬さんは空気が違う。まだ21歳なのにここまで一人の男の子を育てたお母さんにちゃんと見えたし、話すように歌うのが本当に上手い。どこがとか何がとかじゃなくて全部すごい。ひとりになるところでイケメンセリフを言うジラさん、恥じらいが少しもなくてさすがでした。マインドが一番イケメンなので優勝です。

 

島倉りかちゃん

アラジンくんはほんとに可愛い♡すみません、急にハートとかつけて。劇団員のシーンのところで「あぁ…。あーあ。あーあ!!!!!!」ってみんなのほうチラチラ見ながらどんどん溜息大きくしてアピールするアラジンが愛おしかったですよね。推しメンのときだけ具体的なシーン持ち出してくるやつ。でも可愛いといってもちゃんと仕草や声の出し方が男の子で、普段のわんぱく少年のようなアラジンと気弱で優しいアリア王子の演じ分けも上手だった。私はもう一度「笑えばキランと音がする」アラジンちゃんのキラキラを浴びたいです。

 

江口紗耶ちゃん

お顔がちいちゃくて脚が驚くほど長くて、スタイルが少女漫画原作の映画に出てくる王子様(相手役の男の子)だった。仕草がきれいな男の子なんですよ。壁にもたれて腕を組んでいるだけでも、階段に座っているだけでもかっこいい、その場にいるだけで絵になるアリババくん。しかも知的なのがとってもタイプなのでバルシア王国の民に生まれてアリババくんの追っかけがしたかったな…。

 

平井美葉ちゃん

イケメンなんだけどこのシンドバッドくんにはみよちゃんのかわいいところがたくさん詰まっていました。美鈴を元気づけるためにいろいろ言ったのにぜんぶ違うって言われて静かにマジー(だったと思う)の肩に頭をのせるシーンとかキュンキュンしちゃった、かわいくて。まさにバブみジェントル。

 

一岡伶奈ちゃん

あのねーーー私、一岡伶奈さんの歌声がすっごく好きなんですよ。ずっとあの歌声は神様からあたえられた特別な声だと思っていたので、アラビアン・ラプソディのヌレンナハール姫のパートを聴いて心がフライアウェイしそうになりました。……ふざけてないんですよ!本気です!劇中劇でのジャスミンのソロもアリア王子とのデュエットも良くて、一岡さんの歌がさらに好きになりました。立ち振る舞いも「姫」の名前に負けないくらい美しかったよ!

 

清野桃々姫ちゃん

セリフ自体はそんなに多いほうではなかったけど存在感がある。アラビアン・ラプソディのアラジンのパートでマジーが歌いはじめると、"かの有名なアニメ映画"のランプの魔人みたいに見えてさらにファンタジーになるというか夢の国感が増したんですよね。ほんとに魔法使えそう!って思わせるような力。演技力なのか歌唱力なのか分からないけど、たぶんどっちも。

 

里吉うたのちゃん

なんでも屋さんのアミンちゃん、盗賊の親分をやってもイケメン王子をやってもお爺さんをやっても魔女をやってもかわいい。お爺さん役がとくにツボでした、なぜか。うたのちゃんは体つきがとても綺麗なのでダンスをやると映えるんですよね。シンドバッドとのダンスの掛け合い、そこに入るヤンチャなピアノでWe Need a Name!を想った。

 

小林萌花ちゃん

職人気質のクールな音効さんことレイラ。演奏を頼まれたときに返す「はいよ」の言い方がかっこいい。ほのぴちゃんのピアノはやっぱり表現力がすごいんですよ。あれも演技のひとつだと思う。とくにアリアとエリーの「あの頃」とかピアノの演奏にも感情を揺さぶられましたよね。あとテーマソングの歌いだしのほのぴの歌声が好き。 

 

というわけで。書きたいことをすべて書けたわけじゃないけどひとまずへたなラブレターはここまで!

美鈴としとねと、バルシア王国のみんなにまた会えますように。

 

 

note.com